「三変土田」自分が変わって周囲が変わる。周囲が変われば世界も変わる・・・2009年1月19日 名字の言   

2009年 01月 19日

 世界的な経済危機の津波が日本を襲う。こうした「みんなが苦しい時代」に最もよく見られる反応は、自分の変えられないものに責任を押し付けること――と国際関係評論家の北野幸伯氏は指摘する

 それよりも、(1)変えられないことに一喜一憂せず(2)自分が変えられることに集中し(3)自分の仕事をさらに極め(4)「日本を変える!」との志を高くもつことだ、と

 確かに「アメリカが悪い」「政府が悪い」「社長が悪い」「人が悪い」と、苦境の原因を環境のせいにするのは簡単である。しかし、座して嘆いてばかりいても、状況は一向に好転しない

 情勢を冷静に分析し、その上で「日本は、どう勝ち抜けばいいのか」「会社は、どうすれば生き残れるのか」「自分にできることは」と知恵を絞り、努力すれば、ピンチは必ずチャンスになる。周囲が変わって自分が変わるのではない。自分が変わって周囲が変わる。周囲が変われば世界も変わるのだ

 仏道修行に励むことで、自身の境涯が変わり、国土そのものも変革できる――「三変土田」の法理を知る我々は、常に前向きに生きたい。職場や地域社会の発展を祈り願い、行動するのみだ。「我日本の柱とならむ」(御書232ページ)との気概に燃えよう。(陸)

2009年1月19日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]