「負けじ魂」人生の勝ち負けは、途中では決まらない・・・2009年3月17日 名字の言   

2009年 03月 17日

 「聖教新聞のページをめくって記事を読んだ瞬間、涙が止まらなかった」。東京・創価学園で共に学んだ友から連絡があった。その記事は、今月14日付3面――学園創立者の池田名誉会長が、愛唱歌「負けじ魂ここにあり」に5番の歌詞を新たに作詞、とのニュース

 彼は、学園時代の誓いを胸に医学の道へ。大学病院等で勤務し、昨年、念願の開業医に。が、新しい病院とあって、地域になかなかなじめない。「社会に実証を」と懸命に祈り行動するが、焦りばかりが募る。そんな時に飛び込んだニュースだった

 彼は言う。「学園時代に培った『負けじ魂』を燃やし、創立者に勝利の報告を必ずする。創立者は、我々の成長と勝利を待ってくださっているのだから!」。学園生の胸中には、いつも創立者がいる

 日蓮大聖人は、自らの信念を貫き、師匠と同志を護り抜いた四条金吾を、「極めて負けじ魂の人」(御書986ページ、通解)と讃えた。人生の勝ち負けは、途中では決まらない。ゆえに「負けじ魂」を燃やし続けた人が最後は勝つ

 創立者が出席した創価学園卒業式。創立者と東西の学園生の“父子の歌声”が式典会場に轟いた。「学べ勝ち抜け 世界まで 負けじ魂 朗らかに」――栄光の人生への序曲だ!(川)

2009年3月17日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]