熱い思いも、黙っていては伝わらない。語って初めて相手の心を揺さぶる・・・2009年8月31日 名字の言   

2009年 08月 31日

 タンゴダンス世界選手権が23日から31日まで、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されている。日本でも先月、アジア予選が行われるなど今、世界的ブームだ

 この世界選手権の優勝者に贈られる賞が「民音賞」。遠く離れた南米の地で、なぜ民音? 実は民音は1970年から毎年、本場のタンゴを日本に紹介してきた。冠は40回を数えるシリーズ公演への感謝の証しなのだ

 回を重ねているのには理由がある。来日した巨匠が民音創立者の池田名誉会長の哲学に深く感銘する。帰国後、その感動を、別の巨匠に語ると、来日の希望が寄せられる

 1989年に公演したオスバルド・レケーナ氏は“トインビー対談”を読み、そこにあふれる人類愛に胸を熱くした。その思いを、タンゴ界の友に語った。芸術を民衆の手に取り戻す!――創立者の心に触れた共感の輪が、こうした数々の芸術家によって、地球の反対側で広がっているのだ

 熱い思いも、黙っていては伝わらない。語って初めて相手の心を揺さぶる。タンゴの巨匠プラサ氏が語っていた。「タンゴとは、歌い、踊り、演奏すること。それ以上に、感情を表現すること」。明年の学会創立80周年へ、「いよいよ!」の決意で創価の人間主義を語り抜こう。(葉)

2009年8月31日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]