信念を叫んでこそ時代は動く「9・8」の歴史を将来へと伝えていく・・・2009年9月8日 名字の言   

2009年 09月 08日

 九州中等部・高等部の「主張大会」を取材した。10代の青年が、自分自身の意見を堂々と述べる姿に感動を覚えた

 きょう9月8日は、創価の師弟が歴史的な宣言を行った日である。戸田第2代会長は昭和32年のこの日、「原水爆禁止宣言」を発表した。当時、東西の大国は「核抑止論」を根拠に核兵器を正当化し、軍備拡大を競っていた。その中で、戸田会長は“核兵器は絶対悪”と断じ、その魔性の本質を指弾した

 池田第3代会長は昭和43年のこの日、「日中国交正常化提言」を行っている。中国は歴史的経緯から日本とは“遠い”距離にあった時代。日本政府が中国敵視政策をとる中で日中友好を訴えれば、強い反発が起こるのは必至だった。しかし、両国の万代の友好と世界の未来のために提言したのだった

 今や「核兵器廃絶」も「日中友好」も時代の確かな潮流となっている。両会長は、時流に付和雷同しなかった。やむにやまれぬ平和への情熱の発露であり、未来のための行動だった。であるからこそ、今も世紀を超えて輝きを放っているのだ

 信念を叫んでこそ時代は動く。同時に、その精神を継ぐ存在がいてこそ、輝かしい未来の創造もある。「9・8」の歴史を将来へと伝えていくのは私たちである。(速)

2009年9月8日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]