命を懸けた闘争の中で「力あらば一文一句なりともかたらせ給うべし」・・・2009年9月17日 名字の言   

2009年 09月 17日

 評論家の故・加藤周一氏の未発表原稿が自宅で見つかった。氏が「最後の仕事と位置づけていた」(朝日新聞)ものだという。逝去の直前までペンを執り続けた論客の信念を伺わせる遺品だ

 生前、池田名誉会長と交友を深めていた氏。著書『日本文学史序説』で「論戦的な日本語の散文は、早くも一三世紀に、日蓮において(中略)ほとんど最高の水準に達していた」と綴っていたことは有名だ

 日蓮大聖人の御書に讃辞を送る識者は多い。作家の半藤一利氏は「悠然とした達人の境地が、文学的な格調と華麗さをもって書かれている」と。東京大学の総長を務めた矢内原忠雄氏は「かたき信仰と真実なる人格との融然として流露せる大文章」と評した

 一切衆生を救済せんとした、御本仏の大慈大悲に触れた感動が伝わってくる。御書の多くは平穏の中で認められたものではない。命を懸けた正義の言論闘争の中で贈られたものだ。人の心を打つのは、その勇猛心ゆえだろう

 11月には全国で教学試験が実施される。御書には「力あらば一文一句なりともかたらせ給うべし」(1361ページ)と。弘教・拡大に挑戦する中で、大聖人の折伏精神を深く刻みたい。それこそが学会の不変の魂であり、我らの信仰の骨格となる。(之)

2009年9月17日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]