人生に対する問題は、膝と膝をつき合わせた対話でなくては相手に通じない・・・2009年9月19日 名字の言   

2009年 09月 19日

 「できれば、少人数の会合に参加させていただきたいのですが」。宗教学者、ミュンヘン大学のミヒャエル・フォン・ブリュック教授が、学会の座談会への参加を希望した。「学会がどんな団体か、この目で確かめたい」。少人数の集いにこそ、その宗教の真実の姿があると考えたからだ

 教授は世界中の宗教を見てきたが、学会の座談会には驚いた。体験発表があると思えば、哲学の研鑚がある。人生の目標も披露される。皆が自由闊達に語る。堅苦しさが全くない。ユーモアがある。それでいて真剣さにあふれている。「こんな集いは見たことがない」と

 牧口初代会長に、一人の青年が意見を述べたことがある。「座談会ではなく、もっと大規模な講演会形式にした方がいいと考えます」。牧口会長は言下に答えた。「それは違う。人生に対する問題は対話でなくては相手に通じない。講演だけでは、聞く方は他人事にしか感じないものだ。日蓮大聖人の『立正安国論』にしても問答の形式ではないか」と

 座談会は一見、地味だ。だが、学会は創立以来、座談会での、膝と膝をつき合わせた対話から、勝利の波を起こしてきたのである。きょうも各地で座談会が開かれる。明るい歌声が、朗らかな笑い声が響き渡る。(鉄)

2009年9月19日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]