周囲に勇気と希望を贈る「心を輝かせる」年を重ねるごとに・・・2009年9月30日 名字の言   

2009年 09月 30日

 2898万人――総務省が先日の「敬老の日」に合わせて発表した、65歳以上の高齢者の人数だ。とりわけ女性高齢者の割合は、女性人口の4人に1人、25%を超えた。男性よりも一足早く「超高齢社会」に突入したのである

 長寿社会に生きる女性には何が必要か。米国の女性の未来学者ヘンダーソン博士は“年齢を重ねるにつれて、外見の美より内面の美へと価値を移していくことが大切になってくる”と指摘する(「パンプキン」10月号)

 84歳の婦人部の友。池田名誉会長のスピーチをひもときながら、「幾つになっても、自分自身が心を輝かせて生きていくことが重要」と、友人に語っている。「心を輝かせる」とは「周囲に勇気と希望を贈ること」だと。これこそ「内面の美」を磨く実践であろう

 本紙の体験談(9月27日付)に登場した、老年研究に詳しい山口大学大学院の堤雅恵教授は語っていた。「高齢になると、一般に楽しみや生き甲斐のある生活を送ることが難しくなります。しかし学会員は“信仰で人々に希望を贈る”という素晴らしい生き甲斐を持ち続けています」と

 年を重ねるごとに友を“励ます知恵”も豊かになる。広布の舞台には、生き生きと心の輝きを放つ人生の名優があふれている。(明)

2009年9月30日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]