学会の原点である座談会 全員が新たな決意と行動で・・・2009年10月11日 名字の言   

2009年 10月 11日

 小学生の娘宛に、切手のない封書が届いていた。娘と一緒に開けてみると、いつも来てくれる地区婦人部長からの手紙。そこには、座談会で御書を拝読してほしいとの依頼が、丁寧に述べてあった

 つい、親伝いに依頼して済ませがちなことだが、子どもに対して、きちんと向き合ってくれている気持ちが伝わり、心からの感謝を覚えた。娘も期待されていることにやりがいを覚え、何度も拝読して参加。元気いっぱいに発表できた

 今月から「大座談会運動」が開始される。学会伝統の運動推進にあって忘れてならないのは、一人一人を大切にする「リーダー率先の訪問・激励」があって、初めて充実した座談会になるということだ

 栃木研修道場に立つ「座談会の碑」。その「由来」に池田名誉会長は綴っている。「学会再建と発展の軌道は この座談会の地道な そして粘り強い開催をもって描かれた」「座談会こそ求道と弘教折伏の場である」と

 「ザダンカイ」は、今や世界に広がり、言葉や人種の壁を超え、大きく対話の花を咲かせている。思えば、池田名誉会長と戸田第2代会長の出会いも座談会であった。学会の原点である座談会に、全員が新たな決意と行動で臨み、楽しく、大結集の集いにしていきたい。(道)

2009年10月11日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]