感謝の心が人を強くする。人のために必ず勝つ!・・・2009年10月12日 名字の言   

2009年 10月 12日

 「創立者の励ましに応えることができて本当にうれしい!」。新潟国体の柔道成年女子の部。新潟県代表チームで出場し、優勝を決めた創価大学1年生の女子柔道部員が語っていた

 彼女が創価大学を志そうと思ったきっかけは、高校3年生だった昨年夏。都道府県対抗の全日本女子柔道大会で、創価大学の選手と共に新潟県代表として戦ったことだった

 その創大生に誘われ、創大柔道部の練習に参加。他の大学の練習も見てきたが「学生の目の輝きが全然違う」。一人を徹して励まし合う姿。勝利への飽くなき情熱。なぜ、そんなふうになれるのか?――先輩たちは笑顔で答えた。「支えてくれるすべての人に恩返しがしたいから」。この年、創大柔道部の女子が初の全国制覇を。彼女は創価大学への進学を決めた

 「励ましと感謝に貫かれている創価教育にこそ、人間教育の真髄がある」とは米・エマソン協会のワイダー前会長。感謝の心が人を強くする。学術やスポーツで活躍する創大生の活力の源泉も、創立者や家族、そして仲間への「報恩の心」にほかならない

 自分のためではない。人のために必ず勝つ! そう決めた時、人は大きな力を発揮する。無限の成長の力が、創価のキャンパスにはあふれている。(之)

2009年10月12日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]