家族のような温かさと真心、人は人の温もりの中で育てられていく・・・2009年10月26日 名字の言   

2009年 10月 26日

 わが地域から巣立ったヤング・ミセスの婦人部員に、この夏、第1子が誕生した。久しぶりの再会。赤ちゃんを抱いた初々しくも頼もしい母の姿。幼いころから彼女を見守ってきた、同志の顔がほころんだ

 彼女が嫁ぐ時、「理想の家庭は?」と尋ねると、長年、地区拠点を提供してくださっている一家を目指したいと言う。その一家は、地区部長のご主人、夫人、娘さんと仲良く広布の第一線で活躍する

 あのお宅で開かれる会合が楽しみだった。わが家に帰ったような雰囲気。集えば、自然と信心の喜びを語り合う。仏壇には地区の同志の名前。それぞれの課題と戦う友の勝利を祈ってくれていた。彼女が創価大学に合格した時は、「池田先生のもとへ行ってらっしゃい!」と大喜びで祝福を。「だから私も、多くの方に来ていただける家庭をつくります」

 人は人の温もりの中で育てられていく。池田名誉会長も青年時代、アパートの自室を広布の会場に提供していた。共に食事を取りながら広布のロマンを語り、師弟を語り、人材を育んでいった

 「会場があるから広宣流布が進む」と名誉会長。“場所”だけではない。家族のような温かさと真心を提供してくださる会場提供者の皆様に、心から感謝申し上げたい。(身)

2009年10月26日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]