「君なら絶対にできる!」一人を立派に育ててみせるとの熱情に・・・2009年10月31日 名字の言   

2009年 10月 31日

 知勇兼備の武将として、戦国の世に名をはせた立花道雪。九州の大名・大友家に仕えた。武勇たくましいだけでなく、士卒に対する態度は親が子に接するがごとくであった

 道雪は常々、言っていた。“士に弱い者はいない。もし弱い者がいたら、それは大将の罪である。もし他家に仕えて遅れている士がいたら、当家に仕えよ。必ずや勇士に鍛え上げてみせよう”と(中村彰彦著『名将と名臣の条件』)

 群雄割拠の世。国を守る精兵をいかに育成するか。そのために道雪は臣下を励ました。その激励は、安っぽい同情などではない。一人の士を立派に育ててみせるとの熱情にあふれていた

 対話拡大の秋。各地で若いメンバーが、はつらつと弘教に挑戦している。経済苦や家族の病気、人間関係の悩みを抱えながら立ち上がった友も数多くいる。その陰には「君なら絶対にできる!」「必ずや広布の大人材に育ててみせる」と、絶大な信頼を寄せ、深い祈りを送る先輩の姿があるものだ。だからこそ、新たに活動を始めた友も、存分に力が発揮できるのではないだろうか

 「後輩を自分以上の人材に!」「そのための労苦はいとわない」――友の成長を願うリーダーの大情熱こそが、組織発展の源泉と銘記したい。(馨)

2009年10月31日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]