どんな人の中にも、燃えたぎる太陽のような「勇気のかたまり」・・・2009年11月2日 名字の言   

2009年 11月 02日

 東京のある理髪店。一人で店を切り盛りする40代後半の気さくな店長。軽快にハサミを動かしながら、若い学生の客を励ます。「大変だね。でも『冬は必ず春となる』という言葉があるよ。頑張りなよ」

 店長は学会員ではない。しかし、本紙の長期購読者。池田名誉会長のスピーチをはじめ、「きょうの発心」「名字の言」は、必ず読んで対話の糧としているとのこと。感謝に堪えない

 なぜ購読を始めたのか。その答えが胸に刺さった。「知人から『いい新聞だから読んでみませんか』と言われ、自分の信じることを堂々と語れる勇気って、すごいなと思ったのです。その勇気に応えたかったから」と。たとえ、すぐに形に表れなくとも、私たちの勇気は、必ず伝わっていく。その勇気を皆が持っている

 名誉会長は「『自分には勇気がない』と思っている人もいるかもしれない。しかし、そうではない。どんな人の中にも『仏界』――『仏の生命』がある。それは燃えたぎる太陽のような『勇気のかたまり』です」。その勇気を必死の唱題によって「取り出す」のだと(希望対話)

 「勇敢であることは、精神性の第一の条件」(浦田広朗訳)とはインドのガンジーの至言。勇気の力で崇高な精神の闘争を広げよう!(進)

2009年11月2日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]