今、できること。地球のため、未来のため、そして自分のために・・・2009年12月15日 名字の言   

2009年 12月 15日

 地球温暖化対策の枠組みを協議する、気候変動枠組み条約の第15回締約国会議(COP15)が、デンマークのコペンハーゲンで開催中だ。先進国や新興国、そして、発展途上国を含めた地球規模での温暖化対策の実現に、注目が集まっている

 創価学会は、これまで各地で「21世紀環境展」を開催するなど、長年にわたって環境問題に取り組んできた。世界各国のSGIでも、韓国の国土大清掃運動をはじめ、河川の浄化や植樹の推進(カナダ)、植林や希少動物の保護(ブラジル)など、どの活動も地域社会から高い評価を得ている

 それらの活動の基盤となっているのが「依正不二」の仏法哲理だ。依報(環境)と正報(人間)は一体不二であり、環境破壊は、人間自身の破壊の写し絵にほかならない。日蓮大聖人は「衆生の心けがるれば土もけがれ心清ければ土も清し」(御書384ページ)と仰せである。一人一人の一念と実践で、周囲の環境は良い方向へも、悪い方向へも変えられる

 温暖化と無関係な人間は一人もいない。“自分さえよければ”という利己の生き方から、“他者の幸福に尽くす”貢献の人生へ!――まずは今、できることがないか、考えてみよう。地球のため、未来のため、そして自分のために。(誼)

2009年12月15日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]