自身の可能性を信じ、鍛錬を重ねることが勝利を呼ぶ・・・2009年12月24日 名字の言   

2009年 12月 24日

 野球は冬のスポーツですから――18歳の高校生が、テレビカメラを前に、さらっと語るのを聞き、驚いた

 もちろん、野球はウインタースポーツではない。10年に一人の逸材と言われる西武ライオンズの菊池雄星投手。冬にどれだけ鍛えたかが、夏に結果として表れる、と言うのだ。彼は読書家でもあり、月平均10冊は読むという

 今年、飛躍を遂げた、もう一人の18歳と言えば、ゴルフの石川遼選手。並み居る先輩を押しのけて、年間獲得賞金でトップに。賞金王が決まった直後、「今したいことは」と聞かれた彼は、「トレーニング」と答えた。鍛錬の冬が勝利の夏を呼ぶのだ

 緊張しながら、自身の“成長の一年”をとつとつと語る男子部員。その横に立った19歳の新入会の青年は、はっきりした口調で、「皆さんについて、しっかり信心を学んでいきます」と。ある区の総会での一コマ。次代を担う青年に大きな拍手が沸いた。青年の成長ほど、まぶしいものはない。若さそのものが無上の宝と言えよう

 それは若者だけに限らない。仏法では、すべての人に無限の可能性があると説く。“青年の気概”とは、自身の可能性を信じ、鍛錬を重ねることだ。いかに厳しい“冬”であろうと、胸を張って進もう。(扶)

2009年12月24日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]