目標に挑み、自分が成長した分だけ、広布は広がる・・・2010年1月10日 名字の言   

2010年 01月 10日

 新春2日、宮城県の創価教育同窓の集いが行われ、代表が体験を紹介した。寝る間を惜しんで勉学と唱題に励み、創価大学法科大学院から司法試験を突破したメンバー。他大学の大学院に合格したメンバーも、目標を達成した喜びにあふれていた

 関西創価学園、創価大学出身の女性は、ボランティアで中国・四川省へ。小学校で日本語を教えつつ、標高3000メートルにある村に通った。高山病に悩まされながらも、子どもたちと触れ合ってきた教育交流の模様を報告。現地での活動が日本のテレビ局に取材され、年末には全国で放送された

 いずれも、創価の学舎で薫陶を受けた友が自身の可能性に挑戦し、実証を示した勝利劇。何より創立者・池田名誉会長への感謝、師への誓いに生きる精神が光っていた

 試練と向き合い、人一倍、挑戦心を燃やした歴史家トインビー博士は、「精神的な目標の追求こそ、人間の活動のうちで無限に拡大する可能性を持つ唯一の領域なのです」(『日本の活路』国際PHP研究所)と

 目標なくして価値ある人生の展開はない。年頭に立てた目標に向かって進むことが、いかに大事なことか。目標に挑み、自分が成長した分だけ、広布は広がる。毎日を新しい挑戦の息吹で着実に進もう。(濤)


2010年1月10日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]