今こそチャンス!どんな時も希望を捨てず、不屈の信念で戦う・・・2010年1月24日 名字の言   

2010年 01月 24日

 変転きわまりない社会だ。今春卒業の大学生、高校生の就職状況は厳しく、入学時には思いもよらなかった苦闘の荒波に翻弄された人も多かっただろう

 想定外の出来事は、長い人生には起こりうるものだが、その事態に直面してたじろぐこともある。先日も、志望する仕事に就くための試験に何度も挑戦し果たせない青年がいた。祈り、努力して挑むが越えられない

 心が揺れていた。次こそはと決意する半面、あきらめの言葉が口をついて出る。「希望を捨てちゃいけない」「勝つまで戦おう。かなうまで祈るんだ」。相談に乗る先輩がそう励ました

 「危機とチャンスは、常に一緒に存在し、私たちは、この二つを同時に迎えています。今こそ絶好のチャンスなのです」。SGI会長との対談で、歴史学者ハーディング博士は、こう述べた。暴力の吹き荒れる時代にあっても、差別のない世界を実現する夢をあきらめなかった、公民権運動の指導者キング博士。その不屈の信念について言及した際の言葉だ

 危機とチャンス。表裏とも言える二つの局面をチャンスへと開いていくものは、どんな時も希望を捨てず、不屈の信念で戦う人間力だ。今こそ絶好のチャンス! そう決めて苦難など、ねじ伏せて進もう。(弓)

2010年1月24日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]