大切にすべき人は、身近にいる。共に戦う仲間を徹して励まし、大切に・・・2010年3月6日 名字の言   

2010年 03月 06日

 経営のモットーに「顧客第一」を掲げる会社は多い。だが中小企業経営論を専門とする坂本光司教授(法政大学大学院)は、「社員とその家族の幸福」こそ会社の第一の使命と訴える(「第三文明」4月号)

 いわく「会社に不平・不満・不信感を持っている社員が、顧客に対して自社の製品・サービスを勧めることができるのか」と。自社への感謝がある人は、恩に報いようと力を発揮する。それが経営の質を高め、顧客の満足にもつながっていくという

 深刻な経済状況の中で、企業を問わず、あらゆる組織や団体が、生き残りをかけて戦っている。その戦う力は、構成する人々の「人間力」にほかならない。その力を最大に引き出すには、どうしたらよいか

 かつて「なぜ創価学会は発展したのか」と問われた池田名誉会長は、「一人一人の学会員を大切にしてきたからです」と即答した。学会の温かさに触れて奮起し、幸せをつかんだ友は数知れない。「励ましに応えたい」という感謝が力となり、「語らずにはいられない」という喜びが、人から人へと伝わってきたのだ

 大切にすべき人は、身近にいる。共に戦う仲間を徹して励まし、大切にしてこそ、組織の発展、社会の幸福があることを忘れまい。(之)

2010年3月6日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]