蛍光灯がつかない?   

2005年 03月 25日

お仏壇の電源スイッチをONにいれても蛍光灯がつかない時
対処に困った事がある人もおられるでしょう
蛍光灯の場所を良く見た事がある人は少ないかもしれません。
最近のお仏壇は蛍光管が剥き出しになっていてわかり易いですが
カバーを外さないといけないものもあります。
4W・6W・8W・10W・15Wなどサイズもいろいろあります。

蛍光灯が切れる理由として考えられる事は
①コンセントが抜けている②ヒューズが切れている
③蛍光管の寿命④グローの寿命
⑤スイッチの故障⑥蛍光灯器具の故障などが考えられます

電気製品の扱いが苦手な人は「直しに来て欲しい」と
問い合わせするのが一番と思っているかもしれません。
近くにお仏壇を購入したお店があれば見に来てくれると思いますが
最近では出張費を取るお店もあります。
修理不能と言われお仏壇の購入を勧められるかもしれません。

対処方法としては
①コンセントが抜けているか確認してください。
②フューズはスイッチBOXの中か周辺にありますので確認してくだい。
(フューズ?)
③蛍光管の寿命④グローの寿命は交換してください
 蛍光管は黒くなっていたり暗くなってきたりと切れる前兆があります
 グローは点灯する時に必要なもので切れる前兆としては点灯が遅くなったりします
⑤スイッチの故障はスイッチの芯の部分が折れたりして電源をONにできない状態です
(スイッチBOX?)
⑥蛍光灯器具の故障は①②③④⑤を確認した後でも蛍光灯がつかない場合です
 電気製品のため寿命はありますが交換修理できます。(別テーマで掲載予定)

他にも蛍光管・グローの取り付け不十分なども考えられます

故障?のカテゴリの練習中?

創価学会(三色旗)専門仏壇仏具大唱堂
(線香 ローソク しきみ 数珠 埼玉県鶴ヶ島市東京都大田区)
SOKA SGI Butudan Butugu Taisyodo
(Aroma Candle Green Rosary Tsurugashima.Saitama Ota.Tokyo)
Copyright (C) 2005 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]