仕事や家庭の悩み、病気、災害……様々な苦悩の闇を「変毒為薬」・・・ 2007年2月5日 名字の言   

2007年 02月 05日

エチゼンクラゲは、日本海を中心に大量発生し、漁業に大きな被害を与えている。一方で、ズワイガニの餌になることが分かった。最近の研究では、がんなどの診断薬となるタンパク質が含まれている可能性が指摘され、有用な資源として期待が高まっている▼関節リウマチの特効薬として注目を集めたステロイド剤。その効果は、長い間、関節の痛みで体を動かせなかった患者が歩けるまで回復し、奇跡といわれた▼が、重い副作用のために使用が激減。その後、効果的な使い方や、副作用を抑える方法などが開発され、主に、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー病の治療に使われている▼ものごとには必ず「光」と「影」の二面性がある。影を薄くし、光を強めるのが人間の「英知の力」だ。厄介なもの、無用と思われるものや、誰も注目しないものでも、「光」を信じ、求める心が強ければ多くの価値を見いだせる▼人生もまた同様である。仕事や家庭の悩み、病気、災害……様々な苦悩の闇を「変毒為薬」の仏法は輝く成長の糧に変えられる。闇が深い分、自身を輝かすことができる。その意味で、信心に無駄なものは何もない。胸中の「光」を信じて仏法を実践し、価値創造する日々でありたい。(工)

2007年2月5日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]