動けば動いたぶんだけ、心が広がる・・・ 2007年2月16日 名字の言   

2007年 02月 16日

人間の脳は、コミュニケーションによって発達してきたという。実際、脳のなかで最も重要な前頭前野は、会話によって活発に働くようになることが実験で分かっている。それも電話より、実際に会って、目と目を合わせた対話で一番、活発に機能するらしい▼この前頭前野は、やる気や創造力もつかさどっているというから、人と会い、語ることで、脳がもっている能力を最大限に発揮できるようになるともいえる。そのためには、動き語る勇気さえあればいい▼先日、高校卒業以来、会えないままでいた友を訪ねた。電話で話しても、何となくぎごちない。会ったらどういう話をしようなど、いろいろ考えていたが、顔を合わせると昔のように話がはずんだ。あっという間に心の距離が消えた。心の距離を感じたら、物理的な距離を縮めてみるのも一法だ▼池田名誉会長は「会うことが、『人間革命』の戦いである! 語ることが、『広宣流布』の第一歩である! これこそが、自身を菩薩の境涯に高めゆく、至極の『人間修行』であり『仏道修行』なのだ」と▼動けば動いたぶんだけ、心が広がる。歓喜の体験が生まれる。それがさらなる勢いを生む。会うことはまさに、自分を高めゆく尊極の道なのである。(高)

2007年2月16日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved

12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇
[PR]