幾千万の・・・希望を与え、勇気を与える・・・2007年2月21日 名字の言   

2007年 02月 21日

会場がどよめき、歓喜の声が響いた。第38回北海道アンサンブルコンクール(18日)。北海道吹奏楽団の代表が全国大会出場を決めた。結成から50年、北海道音楽隊初の快挙である▼結成は昭和32年8月、札幌での「若人の祭典」の4日前。有島初代音楽隊長が北海道男子部の会合で呼びかける。「トランペットが吹ける人は手を挙げて」。皆、下を向いた。そこで「触ったことある人?」「見たことある人?」。手を挙げた人に、「では君、トランペット!」▼同様に担当楽器が決まった8人で結成。全員が、まったくの素人である。3日間の猛練習の末、迎えた当日。戸田第2代会長と若き池田名誉会長を前に夢中で奏でた学会歌は、技術を超えた心意気が光っていた▼コンクールのほか、学会の会合や地域の行事で活躍する全国各地の音楽隊。仕事・学業、学会活動と、多忙をものともせず友の前に立つ。人知れぬ苦労もあろう。だからこそ、その音律は友の心を鼓舞してやまない▼音楽隊訓に「幾千万の、地涌の菩薩の士気を鼓舞し、苦しい同志に、悩める同志に、希望を与え、勇気を与える、音楽隊の使命」と。昔も今も、この心意気は変わらない。広布前進の曲を響かせる音楽隊に喝采を送りたい。(己)

2007年2月21日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved

12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇
[PR]