思いもかけない試練、障害があるからこそ、人間は成長できる・・・2007年2月25日 名字の言   

2007年 02月 25日

「悪条件にこそ突破口あり」――建築家・中村好文氏の信条である。狭い土地、予算の制限、日当たりの悪さ。それらを克服するために、工夫に工夫を重ねていった先に、よい家を造るアイデアが生まれることが多いという▼原点となった体験がある。独立直後のこと、家が軒を並べる住宅街の中の一軒を建て替える仕事が来た。現場を見て落胆した。そんな氏を、依頼主が家へ食事に招いてくれた▼狭い部屋にいっぱいの家族が迎えてくれた。「この人たちの家がつくれなければ、建築家でいる意味はない」。恵まれた条件なら力がなくてもできる。限られた条件のもとで建ててこそ建築家冥利につきる、と(NHK出版『プロフェッショナル 仕事の流儀(4)』)▼御聖訓には「強敵を伏して始て力士をしる」(御書957ページ)と。「困難こそチャンス」とは、時代を経ても変わらぬ方程式だ。立ちはだかる高い壁を前に、どうするか。「兆し」に「しんにょう」をつけて逃げるのか、「てへん」をつけて挑むのか。心の持ちようで180度変わる▼「思いもかけない試練、障害があるからこそ、人間は成長できる」と池田名誉会長。どんな困難も「よし来た」「宿命転換のチャンスだ!」と挑戦していきたい。(陸)

2007年2月25日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]