「民衆に尽くす」それが世紀を超えて続く伝統の礎に・・・2007年2月26日 名字の言   

2007年 02月 26日

英オックスフォード大学出版局は、約530年の歴史を持つ世界最古の大学出版局。池田名誉会長とトインビー博士との対談集『21世紀への対話』の英語版などを発刊する人類の“知の砦”である▼数百年続く伝統を支えるものは何か。かつて同出版局の統括責任者ロジャー・エリオット卿は名誉会長との対談で語った。「オックスフォード大学出版局の活動は、いわゆる“利益”を上げるのが目的ではありません。学術的価値を書籍という形で一般に普及させ、そのなかで得られた金銭は、“利益”ではなく“余剰金”と思っています。これによって、次の出版へと活動を進めるわけです」▼利益は大事だが、あくまで次の出版の準備のため。第一義の普遍の知識を普及するという目的は揺るがせにしない。それが世紀を超えて続く伝統の礎にある。虚偽や捏造は、厳しい時の審判には勝てない▼仏法の目的は「民衆の幸福」である。創価学会は、初代、2代、3代の会長が難を受け、難と戦い、命がけで一人一人の民衆を守り抜いてきた。ゆえに全世界に発展した。反対に民衆を利用し、愚弄する勢力は必ず滅びる▼「民衆に尽くす」師匠の闘争に続きたい。不滅の歴史をつくる“創価”の誇り高き使命に燃えて。(進)

2007年2月26日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]