忘れないことが、語り継ぐことが、未来を生き抜く者の使命・・・2007年2月27日 名字の言   

2007年 02月 27日

鹿児島を3年前に訪れ、知覧特攻平和会館を見学した婦人から先日、手紙を頂いた。同館に展示された写真や記録等に接し、幼いころの記憶が蘇った、と▼親しかった従兄弟が特攻隊員だった。戦時中の寒い冬の日、白いマフラー姿の“お兄さん”が彼女の家を訪問。母は、日ごろ食卓に出ない白米を炊いて、ご馳走した。おいしそうに、ほお張る彼に、彼女は「いっぱい食べるね」と言って、母に叱られた。その日が“お別れの日”だった▼昭和20年3月18日、南洋の空に若き命は散った。一昨年、彼を思い出した婦人は遺影をもらい受けた。追善の題目を送り、平和への祈りを捧げている▼以前、ジャーナリストの佐藤早苗氏が、特攻兵の身の回りの世話をし、その出撃を見送った女学生たちの思いを本紙に綴っていた。今なお、熱い涙をもって追悼し続ける姿に、「特攻を美化しようが、悪の権化にしようが、そんなものは彼女たちにとっては泡のようなものだ」と。散りゆくも、残るも、同世代の青年だった▼池田名誉会長は「二度と青年を、狡猾な権力者の犠牲にさせてはならない」と誓う。本年は、いわゆる日中戦争の勃発から70年。忘れないことが、語り継ぐことが、未来を生き抜く者の使命だ。(杏)

2007年2月27日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]