正義が正義として証明される社会へ!勇壮な音楽を響かせながら・・・2007年5月27日 名字の言   

2007年 05月 27日

 「厳父は覚悟の 旅に発つ 生い立て君よ 民守れ 若木は勇みて 大樹たれ」――長崎で、愛唱歌「火の国『青葉の誓い』」が誕生し、きょうで25周年を迎える▼愛唱歌は、青年の手作りの歌詞に、長崎を訪れていた池田名誉会長が何度も手を入れてできた。“大楠公”の歌に込められた父子の誓いを踏まえ、広布後継の誓願を謳い上げている。「厳父」は「師匠」、「若木」は「青年」との師弟の魂が留められた▼当時のある青年は「病苦で心が折れそうになった時、この歌を歌い、広布の誓いに奮い立ちました。病に負けない、勝利の人生を歩んでいます」と語る。長崎の同志は、広布と人生のいざというとき、一緒に愛唱歌を口ずさみ、師の心を感じ、勇気に満ち満ちて、正義を語り抜いている▼人生の歩みは、順風ばかりではない。しかし、どんな苦境に立とうとも、学会歌を高らかに歌っていけば、心が晴れ晴れとする。前進への力が、みなぎってくる――学会歌には、師弟勝利の精神が凝縮しているからだ▼「民衆が邪悪と戦うために、勇壮な音楽が欠かせない」と名誉会長。革命に歌ありと言われる。正義が正義として証明される社会へ! 私たちは“師弟の歌”を響かせながら颯爽と進みたい。(知)

2007年5月27日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]