<   2007年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

「太陽」人間の美的・精神的な成長に大きく影響する・・・ 2007年2月19日 名字の言   

2007年 02月 19日

冬空に太陽が顔をのぞかせている。暖冬だが梅や菜の花などの開花の知らせに胸が躍る。万物が躍動する春は、もうすぐだ▼太陽と言えば、国木田独歩の短編小説「日の出」の一場面を思い出す。元日の早朝、絶望に沈む一人の青年が死を覚悟して岩場に立つ。青年の後ろから老人が優しく声を。「日が今昇るのを見なさい、何と神々しい景色ではないか」と。青年は、日の出の妙なる光に心を打たれ、自殺を思いとどまった▼この出会いを機に、老人の励ましは続く。日の出を見て美しいと思う心のままに、人から拝まれるほどの美しいことをやりなさい、と。心に“太陽”が昇った青年は、一日一日を全力で働き、小学校を創立。老人の子息に学校を寄進して、一切を任せるに至った▼牧口初代会長は『人生地理学』のなかで「太陽」について、人間の美的・精神的な成長に大きく影響する、と。さらに、太陽光の過不足が人類社会の発達に影響を及ぼすと言及している▼悩める友の心に寄り添い、挑戦への勇気を灯す――他者への無関心という心の闇を対話の光で照らし出す。私たちの広布の活動は、人を、社会を照らす太陽の光といえよう。“すべての人が幸せに”――きょうも胸中の太陽を輝かせながら。(知)

2007年2月19日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved

12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇
[PR]

目に見えないが、空には鳥の道がある。海には魚の道がある・・・ 2007年2月18日 名字の言   

2007年 02月 18日

ビルの屋上から町を眺める。「そんな視点の物理的高さを、私はこのんでいる」と作家の司馬遼太郎氏。人が一生を終えて「時間がたつ。時間がたてばたつほど、高い視点からその人物と人生を鳥瞰することができる。いわゆる歴史小説を書くおもしろさはそこにある」(『歴史と小説』集英社)▼人生、だれしも五里霧中。袋小路に思えても、後から“こう進めばよかった”と唸ることがある。ひとたび自分を「屋上」から見下ろす眼を持って、そこから再び地上の格闘に飛びこむとき、打開の知恵もわく▼「目に見えないが、空には鳥の道がある。海には魚の道がある」と御聖訓。今は見えない人生の活路も、境涯を高めれば一挙に拓けてくる。私たちの仏道修行は、その鍛えの道。雄大な師匠の姿が手本だ▼池田名誉会長の偉業を「汗の一粒一粒が集まり、成し遂げてゆく大事業」「血がにじむような労作業」と韓国・東洲大学の鄭学長は讃嘆した(6日)。世界へ道を開く最高峰の師を仰ぐ登攀の人生。破れない壁はない▼名誉会長は「今も胸中の先生と対話しながら、広宣流布の指揮を執っている。『戸田先生なら、どうするであろうか』」と。歴史を創る2月闘争、正義の勝利劇の主役と輝こう。(蒼)

2007年2月18日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved

12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇
[PR]

相手を奮い立たせる「万の力」を与えていくのが励まし・・・ 2007年2月17日 名字の言   

2007年 02月 17日

きょう2月17日は「農村部の日」。これを記念する、衛星中継による農漁村ルネサンス体験主張大会が、きょうと明日、全国の会館で開かれる(放映の有無、時間は各地域ごとに決定)▼1997年からスタートしたこの大会は今年で10回目。今や10万人以上が集う“日本最大の農漁業イベント”となった。来賓も「創価学会には農業、漁業を大切にする心がある」「いま置き去りにされている農漁業に、学会が、こんなに力を入れていることに驚きました」と期待する▼大会の淵源は、戦後最悪の凶作の年だった93年に遡る。この時の池田名誉会長の「徹底して同志を励まし、元気づけていただきたい」との心を具現化する“励ましの大会”として、東北から始まった。このうねりは即座に全国へと広がった▼「励」という字には万と力が含まれる。相手を奮い立たせる「万の力」を与えていくのが励ましである。体験主張大会で参加者の心を打つのは、私たちの生命を支えてくださる農村部の方々の努力はもちろんだが、信仰を根本にした、どんな困難にも屈しない「不撓不屈の生き方」にほかならない▼創価学会は“励ましの世界”。きょうも友に励ましの春風を送り、正義のスクラムを一段と強く前進していこう!(川)

2007年2月17日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved

12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇
[PR]

動けば動いたぶんだけ、心が広がる・・・ 2007年2月16日 名字の言   

2007年 02月 16日

人間の脳は、コミュニケーションによって発達してきたという。実際、脳のなかで最も重要な前頭前野は、会話によって活発に働くようになることが実験で分かっている。それも電話より、実際に会って、目と目を合わせた対話で一番、活発に機能するらしい▼この前頭前野は、やる気や創造力もつかさどっているというから、人と会い、語ることで、脳がもっている能力を最大限に発揮できるようになるともいえる。そのためには、動き語る勇気さえあればいい▼先日、高校卒業以来、会えないままでいた友を訪ねた。電話で話しても、何となくぎごちない。会ったらどういう話をしようなど、いろいろ考えていたが、顔を合わせると昔のように話がはずんだ。あっという間に心の距離が消えた。心の距離を感じたら、物理的な距離を縮めてみるのも一法だ▼池田名誉会長は「会うことが、『人間革命』の戦いである! 語ることが、『広宣流布』の第一歩である! これこそが、自身を菩薩の境涯に高めゆく、至極の『人間修行』であり『仏道修行』なのだ」と▼動けば動いたぶんだけ、心が広がる。歓喜の体験が生まれる。それがさらなる勢いを生む。会うことはまさに、自分を高めゆく尊極の道なのである。(高)

2007年2月16日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved

12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇
[PR]

人間根本。人間を大切にしていく・・・ 2007年2月15日 名字の言   

2007年 02月 15日

 「正直、驚きました」。本社を訪れた中国の名門・遼寧師範大学「池田大作平和文化研究所」の研究員が語っていた▼先日、関西の新会館を訪問した時のこと。礼拝室には意外にもイス席が設置されていた。「学会の信仰は、畳に正座して行うものだと思っていましたので……」。案内した職員は“高齢者の方もいるのだから”との池田名誉会長の提案で、イス席が設けられたと説明した▼研究員は「細かいことですが、こういうところに人間主義の思想が表れています」と感銘を。さらにこう述べていた。「人間根本。人間を大切にしていく――これが池田先生の思想です。宗教は儀式に固執するものです。しかし、学会のこうした姿は現代の社会の発展とうまく融合し、多くの人に納得を与えることができます」▼宗教は、ともすれば「儀式中心」「形式主義」に陥る危険性を持っている。これまでも“人間の幸福のため”という根本を忘れた多くの宗教が、硬直化し、権威化し、堕落していった▼どうするのが価値的か。どうすれば皆が喜んで活動できるか――時代の変化もふまえ、敏感に対応する。どこまでも一人一人を大切にし、心を砕いていく。この精神を忘れない限り、学会は発展を続けていく。(駿)

2007年2月15日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved

12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇
[PR]

人のためにわが身を惜しまず“尽くす心”・・・ 2007年2月14日 名字の言   

2007年 02月 14日

「命は尊い」と言う。この命は、誰の命か。もちろん「自分の命」も含まれる。が、まず尊さを銘記すべきは「相手の命」ではあるまいか▼「自由」という言葉は美しい。人はしばしば、自らの自由のために命を懸ける。しかしG・オーウェルは、自由とは「他の同志のための自由」であるとの、革命家ローザ・ルクセンブルクの心に、強い共感を寄せている▼生命の尊重にしても、自由にしても、実は唱える人自身の内面が問われる“重い言葉”ではないだろうか。背後に脈打つのは、友のためという「利他の心」か、自分のことのみを考える「エゴの心」か。そこには、仏と魔ほどの違いが生じよう▼本紙に掲載される信仰体験から教えられることの一つは、自分のためという“内向きの心”が、人のためにわが身を惜しまず“尽くす心”へと変わった時、劇的なドラマが始まるということである。つまり心の向きが180度、変わった瞬間に、宿命の転換も可能となるのだ▼心の向きは目に見えない。故に「行動」こそが肝心だ。「広宣流布への不惜身命の『行動』があってこそ、わが小宇宙の生命が大宇宙と冥合し、祈りも叶う」(『法華経の智慧』第6巻)▼さあ、きょうも友のために、動き語ろう!(智)

2007年2月14日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved

12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇
[PR]

勝利の因は、人知れず本物の実力をつける“鍛錬の冬”に築かれる・・・ 2007年2月12日 名字の言   

2007年 02月 12日

福島県双葉町に、農師町という地名がある。太平洋に面し、水と大地に恵まれた、この地域は農業で栄えた歴史をもつ▼医師、看護師、助産師、教師……間接的な関係も含め、生命を守り育む職業には「師」の文字をよく見る。生命を支える“食”の分野でも、調理師、漁師……とあるが、肝心の農業に従事する人を「農師」とは言わない。辞典にあたっても、まず見あたらない。同町の命名の由来は定かではないが、人間のくらしと人生を支える農業に携わる人々への尊敬を込めたのかもしれない▼「農業ルネサンス」を使命とする農村部は、今月17日に「部の日」を迎える。田植えが始まる“決意の春”ではなく、収穫に沸く“喜びの秋”でもない、まだまだ厳しい冬が続く2月に、同部の「原点」がある▼この季節、農のカレンダーは「土づくり」の時。しかし、この時に手抜きをすれば、充実した収穫は望めない。「農業は失敗したら、『明日』があるさ、ではない。『来年』になってしまう」――「時」の大切さを熟知する農村部の友の言葉が重い▼勝利の因は、人知れず本物の実力をつける“鍛錬の冬”に築かれる。冬は春の因となる。冬のままの四季はない。春にならない冬もない。だから今こそ!(城)

2007年2月12日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved


12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇
[PR]

師を思えば 勇気が出る! 力が湧く!・・・ 2007年2月11日 名字の言   

2007年 02月 11日

草創から学会で薫陶を受けてきた、壮年二人の語らいが印象的だった▼後輩は脳性小児まひで、折伏を受けた当時、自力では歩けない重度の障害者だった。「信心で治るもんか」とくってかかった。先輩は「やりもしないで何を言う。絶対に治る!」と断言。確信の言葉に触れた後輩は、学会の諸活動を開始した。以来50年――▼松葉づえをついて横浜・三ツ沢の競技場に行き、戸田第2代会長の「原水爆禁止宣言」を聞いたこと。会長就任直後の池田名誉会長の会合に参加したこと。生涯、師匠と共に生きる大切さを学んできたこと等々。師を語れば語るほど、二人の顔が紅潮していく。名誉会長の「師を思えば/勇気が出る!/力が湧く!」(長編詩「ああ恩師 戸田城聖先生」)との詩句のままに▼仲間のことを「朋友」と。師を同じくすることを朋といい、志を同じくするを友という(『論語』の注釈から)。師の指導を胸に、広布に進む創価の陣列も然り。師ありて友がある。この生き方を貫いてきたから、創価の朋友はあらゆる困難を打ち破り乗り越えてきた▼「自分の足で歩けるのも、先輩の叱咤激励があればこそ」「そんなこと覚えてないな(笑い)」。朋友二人の麗しい姿に、胸を熱くした。(濤)

2007年2月11日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved

12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇
[PR]

壁を破る!この世で果たす使命に生きる・・・ 2007年2月10日 名字の言   

2007年 02月 10日

12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇

福岡・筑豊地域のある地区。2年前の夜の座談会は、10人ほどの参加者だった。が、今では80人以上が、喜々として一堂に集う。その間、座談会は、大きな会場に変わること3回。限界を大きく破った▼炭鉱の名残のボタ山が腰を下ろすその地区は今、活気に満ちている。この躍進には「副役職」や「太陽会(昼間、活動する壮年部)」のメンバーの活躍が欠かせない。ここ2年間、壮年・婦人部が3、4人のグループをつくり、多くの友のもとへ激励の歩みを運び続けた結果だ▼壁を破る!――それが「伝統の2月」の合言葉だ。55年前、蒲田支部の支部幹事として201世帯の折伏を成し遂げた若き日の池田名誉会長。前代未聞の金字塔だった。支部幹事と言えば副役職。「支部長を支え、必ず日本一の支部に!」「支部幹事の模範をつくろうと戦い抜いた」。名誉会長は、当時の心境を「随筆 新・人間革命」に、そう綴っている▼広布の陣容が拡大し、「長の一念」とともに「副の一念」が極めて重要である。「副」には「副」にしかできないことがある。まして崇高な師弟の生き方からすれば、弟子に「長」も「副」もない。この世で果たす使命に生きる。そこに誓願を貫く、勝利と福徳の人生がある。(広)

2007年2月10日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

勝つために努力すると、何をすべきかが見えてくる・・・ 2007年2月9日 名字の言   

2007年 02月 09日

12月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇

プロ野球の12球団もキャンプ入りし、開幕へ各選手の鍛えの日々が始動した。すでに手にまめをつくってキャンプに入った選手が報道されていたが、冬とはいえ練習を欠かさないプロの厳しさが顔をのぞかせていた▼陸上の棒高跳び、日本記録保持者の澤野大地選手も冬季練習に力を入れている一人。毎冬、特に走り込みを行う。短距離の選手と一緒に走りまくる。「400メートルの選手ですか?」と間違われるくらい徹底して走るのだという(同選手のブログから)▼それは助走のスピードや力が棒高跳びの記録に大きく反映するからだ。澤野選手の次の目標は6メートル。自身の日本記録との差は17センチ。階段1段ほどの高さを伸ばすために、たゆみない鍛錬に励む。“勝つために努力すると、何をすべきかが見えてくる。それをきちんとやること。自分に甘えてはいけませんね”(小学生文化新聞)と同選手は語る▼自身が掲げる目標に挑むとき、それを阻む最大の敵は何か。実は自分自身だ。心にすむ「弱気やあきらめ」である▼この強敵をねじ伏せて、努力し続けるところに勝利の道が開かれていく。鍛えの冬を、いかに戦ったか。本年前半の栄冠を目指す私たちも、日々、自身に勝ち、勝利の因を重ねていきたい。(弓)

2007年2月9日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]