<   2007年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

「躾」立ち居振る舞いの美しさは心の美しさも表す・・・2007年10月31日 名字の言   

2007年 10月 31日

 満員バスに年配の婦人が乗車した。それを見た母は前席の娘の肩をポンと一たたき。小学生らしい女の子はサッと立ち上がり、おばあさんに席を譲った。ほほ笑み合う3人の姿は、まるで一幅の絵のようだった

 ある大学の教授から、創価大学で出会った学生の印象を聞いた。皆、礼儀正しく、あいさつも清々しい。学生の姿を見れば大学が分かる。いかに創立者・池田名誉会長の精神が、学生の背筋に一本入っているかを、と。子を育てる親は当然、青少年とかかわる大人の責任は重大である

 日本伝統の剣道、弓道等は立ち居振る舞いに厳しい礼儀・作法が求められる。たとえ勝っても負けても、試合が終われば礼をもって相手を敬う気持ちを表す。動作の見事さに心が動く。身を美しくする、と書いて躾と読む。立ち居振る舞いの美しさは心の美しさも表すが、自然のうちに得られるものではない

 日蓮大聖人は「たとえ父母が子を産み、その子に眼、耳が備わっていても、物を教える師匠がいなければ、それは畜生の眼や耳に等しいというべきであろう」(御書1248ページ、通解)と仰せである

 子どもを育てることは未来をつくること。物事を教える親、そして大人が美しく振る舞うことこそ肝要である。(濤)

2007年10月31日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

一人一人を大切にする道、偉大な使命を持つ存在・・・2007年10月30日 名字の言   

2007年 10月 30日

 仏教にまつわる有名な伝説に、釈尊生誕直後のものがある。「7歩歩いて右手で天を指し、左手で地を指して『天上天下唯我独尊』と言った」というのが、それだ

 これを「世の中で私(釈尊)が一番尊い」との宣言と受け止め、釈尊をあがめる言葉として使うことが多い。しかし、高名な仏教学者の中村元氏は、この伝承を“あらゆる人を「かけがえのない尊い存在」とする象徴”としている

 なぜなら、仏教の説く「我」とは、単に「自分」というだけでなく、「他人をもって代えられない独自の存在」を表している(『中村元「仏教の真髄」を語る』)。そこには、一人一人が偉大な使命を持つ存在であるとの意義が込められているのだ

 本年5月、ロシアのベールィ駐日大使は、池田名誉会長との会談で語った。現代は「一人一人を大切にする道」を求めており、その道は「あなた(名誉会長)が示してくださっている」

 名誉会長も常々、学会発展の要因として「一人を大切にしてきた」ことを真っ先に挙げている。「ここに、創価学会の原点がある。仏法の根本精神も、ここにある」と。きょうも、この“原点”から出発し、一対一の対話に徹する、実りある「励まし運動」にいそしんでいきたい。(道)

2007年10月30日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

女性の力は、大地の力である。大地が動けば、すべては変わる。動く・・・2007年10月29日 名字の言   

2007年 10月 29日

 一人の女子部員の存在が、一家を光り輝かせる。法華経に説かれた「竜女の成仏」の通り、時代や国を超え、そうした例は数多くある

 9月のSGI研修会で来日したザンビアのジュリエット・テンボさん(女子部部長)。本部幹部会の席上、池田SGI会長が握手を交わし、激励した彼女である

 彼女は、高校時代に入会して14年、学会とともに歩んできた。いじめも信心で乗り越えた。唯一の悩みは、両親の無理解。それだけに、「親孝行しよう」と、日本で受けた師匠の指導を胸に刻んだ。両親への感謝の気持ちがわいてきた。帰国して、師との出会いとその感動を、ありのまま伝えた。娘の成長した姿に、両親は心を動かされ、入会した

 父親が感謝と決意を込め、SGI会長に手紙を送った。「もっと早く、池田先生の『人間革命』『新・人間革命』に巡り合えていれば……。残された人生をザンビアのため、アフリカのために捧げていきたい」と。早速、SGI会長から心温まる返事が届いた。アフリカの大地に、また一つ、一家和楽の花が咲いた

 「女性の力は、大地の力である。大地が動けば、すべては変わる。動く」とSGI会長。アフリカだけでない、日本の大地だって大きく動いている。(陸)

2007年10月29日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「やれることを、すべてやりきる」英雄とは自分にできることをする人・・・2007年10月28日 名字の言   

2007年 10月 28日

 福島・郡山市で東京富士美術館企画の「大ナポレオン展」が好評である(11月4日まで)

 ロシアの詩人プーシキンは「英雄」と題した作品でナポレオンを謳っている。詩人が詠んだ「英雄」の姿とは、アルプス越えの、あの凛々しい姿だろうか。「いや違う わたしが見ているのは 幸運にめぐまれた かれでもなく戦闘にある かれでもない」(木村すな子訳)

 プーシキンが讃えたのは、エジプト遠征でペストに倒れた兵士たちを見舞い、一人一人に声をかけて激励する姿であった。今日に至るまで毀誉褒貶の激しいなかで、なお人々をひきつけてやまないのは、彼が行動で示した並外れた勇気であり、慈愛ではなかろうか

 「英雄」と「凡人」を分けるものは何か。文豪ロマン・ロランは言う。「英雄とは自分にできることをする人だ。ところが他の人はそれをしないのだ」(蜷川譲訳)。自分の「内なる力」を見つめ、信じ、自分らしく出し切っていく時、人は「英雄」となる

 悩める友人のもとへ足を運び、励ましに徹する。誰が見ていなくとも、自他共の人生の勝利を祈り、最大の努力を注ぐ――広布のため、友のために、「やれることを、すべてやりきる」創価の同志の尊き姿こそ「真の英雄」である。(芯)

2007年10月28日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「人の意見に耳を傾ける」言葉に込められた思いをくみ取る・・・2007年10月27日 名字の言   

2007年 10月 27日

 アートディレクターの佐藤可士和氏が手掛ける広告やデザインに、熱い視線が注がれている。次々と話題作を生み出す秘けつは、徹底した“聞く作業”だ(「プレジデント」)

 自分が捻出したイメージを相手に当てはめるやり方に行き詰まっていた時、新車の広告を任された。それまでと異なり、依頼主のやりたいこと、言いたいことを徹底的に聞いた。そうして作った広告は数々の賞を獲得し、車も大ヒット。以来、仕事の姿勢が変わった

 ただ聞くだけではない。言葉に込められた思い、心の奥に秘めた願いをくみ取る。その心掛けが対話を実りあるものにする。互いの信頼の絆を強くする。「聞き上手」とは言い得て妙だ

 聞くことを軽視しては、何事も成し得ない。「平和研究の母」E・ボールディング博士は語っている。「『平和の文化』とは、『人の意見に耳を傾ける』ことから始まります」「対立意見に耳を傾ければ、見えなかった本質が浮き彫りにされ、問題の核心をつかむことができます。聞くことは、平和の実践の美しい模範となります」

 “対話の秋”が到来した。新しい友との語らい、旧友との再会に心がはずむ。貴重な機会を有意義に――まず、じっくり聞くことから始めてみたい。 (馨)

2007年10月27日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

“励まされる側”が、幾多の苦難と戦うなかで、“励ます側”に変わる・・・2007年10月26日 名字の言   

2007年 10月 26日

 各地で家庭訪問運動が活発だ。友の幸せを願い、一軒一軒、足を運ぶ。その尊い地道な労苦に、心からの称賛を送りたい

 大分のある婦人部員。夫を交通事故で亡くす。当時、入会はしていたが、信仰には消極的だった。おなかには、まもなく誕生する命が。悲嘆に暮れる彼女を奮い立たせたのは、同志の励ましだった

 それから12年。今、義父母の介護をしながら、地区婦人部長として友の激励に歩く。息子も小学6年生に成長した。「苦しいときの真心の励ましが、どれほどありがたいか。だから、これからは逆に、大変な人を励ましていきたい」

 法華経には、弟子の師弟不二の実践が説かれている。師である仏と同じ側に立って民衆を救済する弟子の生き方を、万人が歩むことを強調している。仏に教化されるだけの「救われる弟子」から、「民衆を救う弟子」へと変わることの大切さを説いているのである

 広宣流布の運動は、宿命に泣く庶民が創価学会に出あい、力強く蘇生していくなかで進んできた。“励まされる側”が、幾多の苦難と戦うなかで、“励ます側”に変わる。そして、その人の励ましによって、また新たな人が立ち上がる。この人間革命のドラマの連鎖が、広布の運動の真髄である。(正)

2007年10月26日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

社会的使命の大きさ、心の準備と素早い対応が、いかに大切か・・・2007年10月25日 名字の言   

2007年 10月 25日

 気象庁は今月、火山噴火に対して、どのような対応をすべきかを示す噴火警報を新たに作ることを決めた。火山も、大雨や洪水のように警報が発せられるようになる

 警報の決め手は、岩盤を押しのけてマグマが上昇すると、山がふくらむこと。これを詳細に観測して予報に役立てるという。浅間山、雲仙岳など、個々の火山の“くせ”も盛り込みキメ細かに対応する(鎌田浩毅著『火山噴火』)▼人間の技術力では、自然災害の発生をなくすことはできない。しかし、わずかな変化を見逃さないことは可能だ。兆候が出てから発生するまで時間がある火山ではこれまで、観測によって多くの人命を救ってきた

 逆に、技術が発達しても、人間の側に“被害を出さない”との強い一念がないと、減災にはつながらない。南米コロンビアでは、防災マップはあったが、住民の避難に活用されず、大きな被害を出した

 強い一念は、必ず行動を生む。池田名誉会長は「無事故といっても、かけ声だけでなく、具体的に、一つ一つ、手を打つことである」と

 噴火の可能性がある日本の火山は108個。警報の社会的使命の大きさを思う時、それに携わり、活用する人の心の準備と素早い対応が、いかに大切かを痛感する。(佳)

2007年10月25日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「金の橋」友好の心も、人材の大樹も、一朝一夕には育たない・・・2007年10月24日 名字の言   

2007年 10月 24日

 「一緒に記念撮影をしましょう!」。カメラに納まること3度。21日、中国の要人が相次ぎ創価大学を訪問。歓迎した池田名誉会長は疲れも見せず、握手し、温かい目で包み込む。歴史が創られていることを、取材しながら実感した

 中国青年政治学院の第1号の「名誉教授」称号を携えて来日した第一副院長の倪邦文さんは授与式で語った。「池田先生は中国の先輩方と『金の橋』を開いてくださった。私たち中国の青年は、その哲学を学びたいのです」

 中国雑技団の訪日団を率いた名誉団長の井頓泉さんは「私は池田先生の言葉にどれほど勇気づけられてきたでしょうか」と自身が中日友好に携わる心情を吐露していた

 倪さんは44歳。井さんは43歳。1974年に名誉会長が周恩来総理と会った時、総理は76歳。名誉会長は46歳。以来33星霜、総理と同じく友誼の道を切り開いてきた名誉会長を、今、中国の若き指導者が真剣に求める

 「人と交わるには心で交われ、樹に注ぐには根に注げ」とは中国の古言。友好の心も、人材の大樹も、一朝一夕には育たない。その労作業を日中関係の水面下で人知れず続けてきたのは誰か。名誉会長のもとを訪れた中国の人々の感激の表情が、それを明快に物語っていた。(進)

2007年10月24日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

未来に羽ばたく使命を自覚するとき、才能の芽は、急速に伸びる・・・2007年10月23日 名字の言   

2007年 10月 23日

 ミュージカルの名作『ライオンキング』。今月、ブロードウェーでの初演から10周年を迎えた。劇団四季による日本版も昨年夏、国内最短で上演5000回を突破し、現在も記録を更新し続けている

 この作品が、これほど人気を集めるのは、なぜか。子どもから大人まで楽しめる分かりやすい脚本と大胆な演出、生き生きとしたキャラクターももちろん一因だが、何より、挫折をばねに自分の生きる道を見つける主人公の姿に、共感を覚えるからだろう

 主人公の若獅子シンバは、父王の死への自責にさいなまれ、王国を去る。しかし成長した彼を前に、父の霊は「自分が何者であるか」を思い出せ、と呼びかける。使命の自覚が、再びシンバに勇気を与え、陰謀を巡らせた叔父に打ち勝つ

 池田名誉会長が、かつて高等部員に贈った指針の一つに「未来に羽ばたく使命を自覚するとき、才能の芽は、急速に伸びる」と。多くの若き友がこれを“宝の箴言”として胸に刻み、勝利の人生を切り開いていった

 下半期の活動が勢いを増している。新しい舞台で活躍する人も、引き続き今の立場で頑張る人もいるだろう。その一人一人が自らの使命を今再び自覚することが大切となる。“師子の心”を生涯、忘れることなく。(行)

2007年10月23日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

人生も「波風」が絶えない。心がけ次第で、より前向きに生きるチャンス・・・2007年10月22日 名字の言   

2007年 10月 22日

 “台風銀座”とも言われる沖縄。頻繁に来襲する台風は天敵では? と問うと、ダイビング講師の男子部員から意外な答えが。「沖縄の海は台風に守られてもいるんです」

 近年、サンゴの「白化現象」が深刻だ。平均水温が1度上がるだけで、サンゴから植物性プランクトンが脱落し、真っ白になり死滅する。このまま温暖化が進むと、オーストラリアのグレート・バリア・リーフでも、今世紀末までに80%が白化すると国連で報告された

 台風の激しい波風は、時に甚大な被害をもたらす。と同時に、海の深い場所の冷たい水が押し上げられ、サンゴを“冷まし”て白化を防ぐ効果もあるという。台風はサンゴに新たな息吹を吹き込んでもいたのだ

 病気や肉親の死、転勤や退職など、人生の海も「波風」が絶えない。喪失感や戸惑いを覚えることもあるだろう。しかし、そうした変化は、心がけ次第で、より前向きに生きるチャンスにもなる

 ある地区部長は、壮年部に進出した当初、活動時間帯の違いや、責任の重さに、遠慮や迷いもあった。先輩の励ましを受け、「今こそ苦手なことに挑戦を!」と決意。12年ぶりに個人折伏も実らせた

 日々、惰性を打ち破りたい。心の「白化現象」と戦うために。(継)

2007年10月22日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]