<   2008年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

「艱難、汝を玉にす」試練を乗り越える度に、自己を高める人がいる・・・2008年1月31日 名字の言   

2008年 01月 31日

 明治、大正、昭和を生き抜いた日本画の巨匠、横山大観。没後50年を飾る回顧展が東京で始まった

 雲煙に包まれた富士の絵を数多く手がけたことでも知られる。その人生は、決して順風満帆でなかった。絵は売れず、日本美術院の薄給で家族9人を養う困窮時代があった

 特に、30代後半からは艱苦に満ちていた。12年間に、妻や娘ら肉親6人と死別し、親友、恩師・岡倉天心を亡くす。新しい表現が非難を浴び、経営破綻で転居した美術院は「都落ち」とささやかれた。家の焼失も。「忍苦に忍苦を重ねたその頃の精進が、至らぬながらも今日の私を築き得た」。84歳で発刊した『大観画談』に記されている

 なぜ試練を乗り越えられたのか? 大観には、芸術への熱情とともに、恩師への恩義があった。「このありがたい先生のご期待に背くまいと、私はただ脇目もふらず、一筋に芸術への精進をつづけて来ました」と述懐する。79歳でなお27メートルの絵巻「四時山水」を描いている

 試練を乗り越える度に、自己を高める人がいる。逆境から逃げる人もいる。師とともに生きる大観の人生は、まさに「艱難、汝を玉にす」。人生を輝かせる特効薬は、遠くを探してもない。足下の“試練”に秘められている。(陸)

2008年1月31日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SG I
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

多様な歴史・文化を有する人間集団に眼を凝らせば、世界は極彩色に輝く・・・2008年1月30日 名字の言   

2008年 01月 30日

 逝去の1年前であった。恩師・戸田第2代会長は、杉並支部「少年少女の集い」に出席された(1957年4月)。「あなた方が大きくなったとき、世の中はすっかり変わっている」と恩師は語り、「資本主義でもなく、共産主義でもない、(地球)民族主義」へと向かうだろうと述べた

 東西両陣営が、がっぷり四つに組み、その対立構図は永遠に変わらないかに見えた時代である。他方、世界はスエズ動乱、ハンガリー事件に揺れていた。あらためて恩師の炯眼を思う。その洞察を、未来を担う子どもたちに伝えた姿にも、感動を覚える

 経済という単一の指標で、世界を見るのではない。多様な歴史・文化を有する人間集団に眼を凝らせば、世界は極彩色に輝く。恩師が唱えた「地球民族主義」とは、政治・経済体制、人種・国籍・宗教などの違いを超えて、同じ地球に住む同胞との精神的基盤に立つことを言う

 毎年、発表されてきた1・26「SGIの日」記念提言が、今年で25周年を迎えた。硬直した“原理主義”を乗り越え、「人間」に主役の座を――との主張は、いよいよ時代精神への歩調を高めている

 半世紀前、恩師が“未来っ子”に託したように、私たちもまた後継の若人と共に一層の前進を!(栄)

2008年1月30日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

励ましの歩みを重ね、“勇気と希望の香り”を届ける・・・2008年1月29日 名字の言   

2008年 01月 29日

 「寒い最中でも同志のもとへ、励ましの歩みを重ね、“勇気と希望の香り”を届ける。学会員はまるで『臘梅』のようですね!」。激励に訪れた壮年宅の庭先に植えられた臘梅。その馥郁とした香気と、寒中にも凛と咲く姿に触れ、ふともらしたメンバーの言葉が印象的だった

 春を告げる花のなかでも、ひときわ早く咲く臘梅。臘細工のような、つやのある透明感を持った黄色い花だ。植木職人として働くメンバーが、「花言葉は『慈愛』とも言われています」と教えてくれた

 全国で今、同志が励ましの対話を重ねる。その真心に応え、20年ぶりに座談会に参加した壮年。先輩幹部とともに激励に歩くなか、信心の原点、広布への情熱に触れ、弘教に挑戦するようになったメンバーもいる

 鹿児島では、各支部で毎週1回、壮年の活動者が集い、何組かに分かれて家庭訪問。“師匠の思いと信仰の喜びを語り抜く”なか、今年の1月2日は、壮年部が勤行会を開き、総県で6割の部員が集った

 励ましは「万の力」。顔を合わせ、直接話を聞いて、真心と確信の激励を続けることで、友の心に、勇気と希望の灯をともす。一年で最も寒い季節、寒中の「臘梅」のごとく、きょうも励ましの対話を続けよう!(佳)

2008年1月29日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「十転び十一起き」善い面を積極的に見るようにする生き方・・・2008年1月28日 名字の言   

2008年 01月 28日

 池田名誉会長と中国文化大学の張鏡湖理事長の対談「教育と文化の王道」のなかで、中国革命の父・孫文のエピソードが紹介されている

 ある会合で、あまりに大勢が集まったため、会場の床が抜けてしまった。出発にあたって、何と不吉なことかと、皆が顔色を変えた。しかし、孫文は悠然と言い放つ。「なんとめでたいことだ! 敵を踏みつぶす前触れではないか!」。この一言で皆の心は明るくはじけ、歓声が起こった(「灯台」12月号)。「十転び十一起き」と言われた、孫文の不屈の魂を端的に示した出来事だ

 同じ事実に直面にしても、とらえ方や見方には、人によって違いが出るものだ。その現象の善い面を積極的に見るようにする――これが「楽観主義」的な生き方であろう

 仏法では「善悪不二」と説き、物事には必ず両面があることを鋭く指摘している。真の楽観主義とは、いわゆる「お気楽」とは根本的に違う。物事の両面をとらえる正視眼を持ち、「大悪も、大善へ転じていける」との深い哲学に根を張った、確信あふれる前向きの思想である

 その仏法哲学の実践に模範を示す偉大な師匠と、多くの同志に恵まれた私たちである。何があっても前進し続ける日々にしていきたい。(道)

2008年1月28日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

生きて「信心の錦を飾る」人生、喜びの日もあれば、悲しみの日もある・・・2008年1月27日 名字の言   

2008年 01月 27日

 「信心の錦を飾っての帰国、本当におめでとう」――国策の農業移住者として中米ドミニカ共和国に渡り、苦節10年後の1967年春、ようやく日本の土を踏んだクラト・キムラさん(現・ドミニカSGI名誉理事長)を池田名誉会長は、こう祝福した

 当時、海外移住者の多くは「一旗揚げて、故郷に錦を飾ろう」と意気込んで海を渡った。キムラさんも「10年たったら」という思いで移住したが、そこは不毛の地だった。失意に沈む中、日本の母の勧めで信心を始め、そのころ起こした事業が軌道に乗り、帰国を果たしたのだった

 人生、喜びの日もあれば、悲しみの日もある。しかし、どんな時でも信心を貫き通すことだ。生きて「信心の錦を飾る」以上の誉れと勝利はない。信心さえ勝てば、後はすべて勝っていける

 人生の勝利者への最高の賛辞を贈られたキムラさんは、その師の励ましを胸に、広布に走り抜いた。先日、北中南米で最古の伝統を誇る、同国のサントドミンゴ自治大学から名誉会長への「名誉博士号」授与式に、大発展したドミニカの同志の代表とともに、晴れ晴れと参加した

 ふるさとから遠く離れて、仕事に、勉学に挑戦する友へ、故郷に「信心の錦」を飾れるよう、励ましを贈りたい。(香)

2008年1月27日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

“今”の大切さ、過去に学び、自然の法則に学び、未来に生かしていく・・・2008年1月26日 名字の言   

2008年 01月 26日

 奇跡のマンモス「リューバ」展が東京で開催されている。北極圏で昨年、ほぼ完璧な状態で発見された赤ちゃんマンモス。今にも目を開けそうだが、絶命したのは3万7000年前というから驚きだ

 最新技術で冷凍状態のままでの解析が進み、生態、進化の過程や絶滅の原因の解明など、数万年の時を超えて姿を現したマンモスからのメッセージに学ぶ点は多いだろう

 解析に当たる、東京慈恵会医科大学の鈴木直樹教授の問いかけが興味深い。「リューバが過去からやって来たのではなく、実は未来からやって来たことにお気付きでしょうか」と。地球温暖化による永久凍土の融解で、本来はまだ発見されなかったであろう姿を現したのだ

 慌ただしい日々を送る現代の私たちだが、“過去に学び、自然の法則に学び、いかに未来に生かしていくか”との視点が重要である。そこから“今”の大切さも改めて実感するに違いない

 よく青年に歴史や過去の偉人の箴言を通して語りかける池田名誉会長。「歴史には、過去と現在、そして未来を貫く英知があります。人間とは何か。生命とは何か。幸福と平和を、どうつくるか」と

 過去や現在の本質を見抜く目を養い、希望ある未来を切り開いていく自身でありたい。(心)

2008年1月26日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

善良な市民を苦しめている権力とは、断固、一生涯戦う!・・・2008年1月25日 名字の言   

2008年 01月 25日

 一枚の写真がある。池田名誉会長を中心に、「大阪事件」で共に戦った同志が写っている。裏には「前進」と書かれていた

 昭和35年5月8日、第3代会長就任直後に行われた関西総支部幹部会の終了後、池田会長は語った。「事件が解決したら、一緒に記念撮影をしましょう」。写真は、「大阪事件」の「無罪判決」の翌年、この時の約束を果たし撮られたものである

 写真の中の一人にお会いした。記念撮影後も、折々に名誉会長からの激励が続いた。その一貫した姿勢は、決して心から離れない。「共に戦った同志を忘れない。どこまでも守り抜く。先生の真心を忘れることなどできません」

 関西には、いかなる烈風にも負けない強固な「団結」がある。その源泉は、名誉会長と一人一人の「心の絆」だ。「常勝の歴史」を切り開いてきた原動力は、「師弟の魂」にほかならない

 「大阪事件」の判決を翌日に控えた昭和37年1月24日、兵庫・尼崎市体育会館で行われた関西男子部幹部会で、名誉会長は宣言した。「次の世代にバトンを渡すまで、なんで自分の生命が惜しいものか。善良な市民を苦しめている権力とは、断固、一生涯戦う!」

 この師子吼を胸中に刻み、次代に受け継ぐのは、青年である。(芯)

2008年1月25日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「芸術を守る」ことは、人間の証を守る、平和の光を守る・・・2008年1月24日 名字の言   

2008年 01月 24日

 東京富士美術館の開館25周年を記念する「国立ロシア美術館展」が開幕した。開館20周年展「第九の怒濤展」に続く、国立ロシア美術館の至宝との出あいである

 忘れてはならないことがある。それは、この珠玉の作品群を見ることができるのは、ナチスから芸術を守った人々のおかげ、ということだ。第2次世界大戦中、同美術館のあるサンクトペテルブルク(当時レニングラード)は、ナチスに900日も包囲され、徹底的に攻撃された

 1万を超える建物が破壊され、100万人以上が殺された。そのなか、「絵画はウラル山脈の麓の都市へ疎開させ、彫刻作品は美術館の庭の地下に埋めたのです。幸いなことに、美術品は無傷でした。建物も壊滅的打撃は免れました」とペトロヴァ副館長

 東京富士美術館の創立者・池田名誉会長は、「モナ・リザ」をはじめフランス・ルーブル美術館の名品をナチスから守り抜いた美術史家ルネ・ユイグ氏の闘争を通し、「『芸術を守る』ことは、『人間の証を守る』ことであり、『平和の光を守る』こと」と力説する

 今月27日は、ナチスのレニングラード包囲が終わった日(1944年)。美術品を守り通したロシアの人々に思いを馳せ、平和の光である“美の使節”を歓迎したい。(川)

2008年1月24日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

何があっても朗らかに生きていくことは人生の最大の宝・・・2008年1月23日 名字の言   

2008年 01月 23日

 “ドミニカの方は笑顔が輝いていますね”――ドミニカ共和国サントドミンゴ自治大学一行が東京の創価学園を訪問(18日)。冒頭の学園生の言葉に、レイナ総長は「何があっても朗らかに生きていくことは人生の最大の宝だと思います」と笑顔で

 貧しい少年時代を過ごした総長。一家は横暴な独裁権力に命を狙われ、母の兄は拷問の末に虐殺。その逝去の日と池田名誉会長への名誉博士号の授与式の日が一致した(19日)

 「きょうは、48年前に、母上の兄君が殉難されたご命日と伺っています」と名誉会長。レイナ総長は、深くうなずき胸に手を当てた。響き合う心。その時も清々しい笑顔だった

 信念のため、正義のため、戦う人の笑顔は美しい。総長の母は84歳の今も、正義を叫び、地域の貧しい人のために働き続けている。総長は「母の姿は、人のために不屈の精神で戦い、たとえ躓いても、信念と決意で立ち上がることを教えてくれました」と

 この日の授与で名誉会長への名誉学術称号は「227」に。レイナ総長は2月27日が、母なる祖国ドミニカの独立記念日であり、創価の母である名誉会長夫人の誕生日であり、総長の最愛の長女の誕生日であることを祝辞で紹介。会場は一段と大きな笑顔に包まれた。(進)

2008年1月23日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

相手へのこまやかな配慮は、団結の“核”として、皆の心を結ぶ・・・2008年1月22日 名字の言   

2008年 01月 22日

 戦いにおいて、団結の重要性は、どれほど強調しても強調し過ぎることはない。思いの合わぬ人間がいかに集まっても、結局、「烏合の衆」。仏法では、心を合わせる「異体同心」の団結を重視する

 日本中世の軍記物として有名な「平家物語」にも、そうした逸話が登場する。破竹の勢いで平家を追討した源義経に関するエピソードだ

 屋島の戦いに船出する淀川河口で、軍議に臨んだ義経。部下から、平家方の攻撃に備えて、船を後退しやすくするよう進言されたが、それを「逃げ支度」と罵倒する。生じた感情の“しこり”は解けるどころか、その後、事有るたびに増幅する。結果、機転・行動力にたけた義経も、平家滅亡の後、非業の最期を迎えることになる

 相手への深い信頼を欠いた言動は、感情的な反発を生み、団結が破れる因となる。逆に、相手へのこまやかな配慮は、団結の“核”として、皆の心を結ぶ。小説『人間革命』には「相手の人物をよく知り、よく理解し、過つことがないようになったら、人は将に将たる器になれる」と綴られている

 明年への助走を、威風堂々と開始した各地の友。心温かな「団結」こそ勝利の眼目であることを、あらためて銘記し、希望の前進をスタートしたい。(由)

2008年1月22日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]