<   2008年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

「前向きな性格と楽観主義」人生、困難との戦いは尽きない・・・2008年2月29日 名字の言   

2008年 02月 29日

 去る日曜の午後、地元の入会勤行会に参加した。「お世話になります」と頭を下げる、新入会の老婦人の姿が神々しかった。人生の新しい挑戦に年齢は関係ない

 では、「老い」とは学問的に、どういうことか。『老年学に学ぶ』(山本思外里著)を繙いた。老年学100年の蓄積は、「寿命」が遺伝的な宿命であっても、「老化」は宿命ではなく、意志によって乗り越えられる、と教えている

 日本では昨年、100歳以上の方が3万人を超えたが、各国ですでに、100歳以上の人を対象に、長寿の秘訣を探る研究が進む。米国の研究で分かったことは――100歳以上の人々に長寿の家系は多かったが、そうでない人もいた。食習慣には何の共通項もない。学歴の平均をとっても、一般と変わらない

 そのなかで、たった一つの共通項があった。それは「前向きな性格と楽観主義」。長寿は、ストレスに効果的に対処した結果と考えられるという

 くだんの入会勤行会で、老婦人と一緒に入会した青年。その動機を、「学会の人は皆、明るく前向きです」と語っていた。人生、困難との戦いは尽きない。それに立ち向かう一念に青春の魂は宿る。信心という“不老の大良薬”をたもつ以上の、幸福な人生はない。(飛)

2008年2月29日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり・・・2008年2月28日 名字の言   

2008年 02月 28日

 「なせば成る/なさねば成らぬ/何事も/成らぬは人の/なさぬなりけり」。米沢藩を立て直したことで知られる名将・上杉鷹山が残した言葉

 鷹山が17歳で藩主となった江戸時代の中期、藩は破綻寸前の絶望的な状況。誰もが希望を失っていた。鷹山は自ら大幅な倹約を実行し、率先して鋤をふるう

 武士だけでなく、農民や町人からも広く意見を求めた。私財を費やし桑の苗木を配布。養蚕の技術指導も行った。72歳で亡くなる頃、藩の財政は黒字に転換。無理解からの挫折の後、再び改革に着手してから、実に三十数年。信念の勝利だった

 鷹山が行った改革とは何だったのか。それは「心の改革」だった。絶望の淵に沈む人々に同苦し、手を差し伸べ、希望をもたせることで「なせば成る」を身をもって教えた。そして自分と「同じ心で行動する人」を、一人また一人と増やしたのである

 大聖人は「心が日蓮と同意でも行動が伴わなければ与同罪を免れないところ、主君にこの法門を語ったことは素晴らしいことです」(御書1133ページ、趣意)と、「同じ心」で弘教に邁進する弟子・四条金吾を最大に賞讃されている

 信心即行動である。心のギアをかみ合わせて前進するとき、想像を超える力が生まれる。(行)

2008年2月28日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

苦難に挑む勇気を与え、人生の栄冠を開く原動力・・・2008年2月27日 名字の言   

2008年 02月 27日

 人間が後世に残すことができる「最大の遺産」とは何か? 明治27年、箱根で行った講演で、思想家・内村鑑三は「勇ましい高尚なる生涯」と結論している(『後世への最大遺物』)

 逆境に負けない。いかに試練の嵐が続こうとも、わが信念を貫く。それが、内村の指摘した「勇ましい高尚なる生涯」だろう。その生き方は、苦難に挑む勇気を与え、人生の栄冠を開く原動力となる

 創価の世界には、困難に勇んで立ち向かい、勝利した体験があふれている。“特別な人”のドラマというわけではない。名も無き庶民が“宿命の嵐”を乗り越えた凱歌の軌跡は、万人の手本。まさに「後世への遺産」である

 どん底から勝利を切り開いた人が、「励まされる側」から「励ます側」になり、皆に「勇気」と「希望」を贈る。この「励ましの連鎖」こそ、創価の真骨頂である。その中心に、池田名誉会長がいる

 ブラジル・マナウス市のコヘア市長は語った。「池田会長の人生の足跡、闘争の足跡、そして威風堂々たる振る舞いは、現代とすべての次世代にとって、不滅の模範」と

 世界に平和・文化・教育の道を開き続ける雄大な師の姿を模範とする人生を送りたい。「師と共に」生き抜く気概で――。(芯)

2008年2月27日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「食の大切さ」二十一世紀の太陽は、農村人という人間の中にある・・・2008年2月26日 名字の言   

2008年 02月 26日

 雪解けが進む土手の南斜面に、タンポポが顔を出していた。モノトーンの冬景色から春色へ――雪解け水が大地を潤し、農家では農耕の準備が始まる季節になった

 農作物の多くは一年一作。毎年、異なる気象条件の中で、いかに一定の収穫を得ることが難しいか、計り知れない。食料自給率が40%を切った日本。食の大切さを深く認識させられる報道も目立つ

 イソップ童話の「町のネズミと田舎のネズミ」。田舎に招待された町のネズミは、自然のままの食事を気の毒がり、田舎のネズミを町に招く。町には御馳走がいっぱい。ところが、都会は危険と隣り合わせ。田舎のネズミは全然落ち着いて食事ができず、ついに田舎に帰っていく――昔読んだ童話が、切実な問題として胸に迫ってくる

 日蓮大聖人は「食なければ・いのちたへぬ」(御書1596ページ)と。人間生命を支える不可欠な財こそ「食」であると強調されている。この教えを胸に、学会農村部が繰り広げてきた諸活動に「農業発展への大きな希望を見いだした」等、農業専門家からも数多くの評価が寄せられている

 8年前、池田名誉会長が農村部の友に贈った言葉――「二十一世紀の太陽は、農村人という人間の中にある」が珠玉の輝きを放つ。(濤)

2008年2月26日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

他化自在天(第六天の魔王)「自分さえよければ」傲慢、慢心・・・2008年2月25日 名字の言   

2008年 02月 25日

 食品をはじめ様々な偽装問題が後を絶たない。詰まるところ、そこには消費者よりも自分たちの都合を優先した「自分さえよければ」との思想が見え隠れする

 文豪・吉川英治は、作品で「他の者の幸福の中に、自分の幸福を見出すのでなければ、完全なそして長い人生の果てまでの幸福にはならない」(『大岡越前』)と語っている。いま求められるのは、あらゆる人が、こうした視点に立てる哲学を持ち、行動することではないだろうか

 生命には、自分のことだけを尊ぶ独善の傾向がある。自分以外のすべてを手段として利用しようとするこの傾向性を、仏法では「他化自在天(第六天の魔王)」と喝破する。この魔性を本源的に打ち破ることが、仏法の実践の本義でもある

 池田名誉会長は『プルターク英雄伝』に登場する将軍の没落を通し、その原因を「他者を尊敬できない『傲慢』、他者を大事にできない『慢心』が一凶であった」と語っている。豊かな人生を生きるために、他者への畏敬の念が、いかに重要であるかを指摘したスピーチと言えよう

 御書に「喜とは自他共に喜ぶ事なり」(761ページ)と。私たちの言葉と実践で、“真の喜び”である自他にわたる幸福の輪を、さらに広げていきたい。(道)

2008年2月25日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

体験にまさる力はない。勝利の実証にまさる雄弁はない・・・2008年2月24日 名字の言   

2008年 02月 24日

 衛星中継による第11回農漁村ルネサンス体験主張大会(ヒューマン体験プラザ)に、反響が広がっている

 2月17日の「農村部の日」を記念する体験主張大会は、回を重ねるごとに、地域に定着してきた。この大会に招かれることが“誉れ”となっている地域や、今回から農協の行事予定表に載った地域もある。今や、全国で10万人以上が集う“日本最大の農漁業イベント”となった

 来賓の声。「皆様の活動は、まさに社会にエネルギー、力を与えている素晴らしい運動」「信仰のエネルギーを根本に、信念をもって自己改革に力強く挑戦し、地域に貢献する姿に感動」「体験発表する皆さんに、自分たちの本当の家族のような眼差しを送る会場の雰囲気も、素晴らしい」

 体験にまさる力はない。勝利の実証にまさる雄弁はない。「道理証文よりも現証にはすぎず」(御書1468ページ)である。広布第2幕の2月闘争の今、広布拡大の勢いは各地で増しているが、衛星中継が行われた会場には感動と共感が大きく広がり、入会を希望する友も多かった

 今回、体験主張した青年が強く語っていた。「一番苦しかった時、脳裏に浮かんだのは、自分よりも困難な状況で勝利の結果を出した同志の方々の体験でした」(川)

2008年2月24日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

悩みや課題と格闘しながらも、相手の幸福を願って・・・2008年2月23日 名字の言   

2008年 02月 23日

 炭鉱が閉山。入会まもない友人が町を離れることに。紹介者の婦人は、友への思いを原稿用紙2枚に綴り送った

 「絶対に幸せになるから、御本尊から離れてはいけない」。しかし、幼子を抱えた婦人も、夫が職を失い、貧乏のどん底。新天地を求めて転居した

 45年後。偶然にも二人は同じ県内で、ともに広布の会場を提供していることがわかった。再会。友は10円切手の張ってある古びた封筒を差し出した。「この手紙のおかげで私は、周囲の無理解のなか、信心を貫くことができた。ずっと御礼が言いたかったのです」――愛知の婦人部員の体験である

 日蓮大聖人は、門下の光日尼からの手紙を「釈迦仏の御使か過去の父母の御使か」(御書925ページ)と喜ばれた。光日尼が、夫と息子を亡くしながらも健気に信仰に励み、山深い身延での大聖人を案じて手紙を出した、その真心を称えられたのだろう

 私たちが悩みや課題と格闘しながらも、相手の幸福を願って手紙を書く。声をかける。返事は来ないかもしれない。しかし長い目で見れば、その心が自他ともの幸福への確かな軌道をつくるはずだ

 二人の婦人部員は来年ともに80歳(傘寿)。「“30”歳に若返り、ますます広布の道を」と語り合っている。(継)

2008年2月23日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「10年先の勝利の峰を目指せ」何度失敗しても、最後に勝てばいい・・・2008年2月22日 名字の言   

2008年 02月 22日

 「法華宗の四条金吾・四条金吾と鎌倉中の上下万人乃至日本国の一切衆生の口にうたはれ給へ」(御書1118ページ)。今月の座談会で学び合った御文である。“創価の旗”を掲げ、社会で信頼を勝ち取る青年の体験は、四条金吾の姿にも重なる

 ある男子部副部長は、大手銀行に入社。朝5時半、出勤前の勉強から一日が始まる。誰よりも早く出社し、掃除を続けた。地道な努力で、頭取賞など輝く戦績を残した

 うつ病を患い、休職する時期もあった。何度失敗しても、最後に勝てばいい。病気とつきあいながら、職場で信頼を増す結果を残していった。縁あって金融系研究所に転職し、中国とのパイプ役を担う。「10年先の勝利の峰を目指せ」。創価大学の卒業式で贈られた創立者の指針から10年。「日中友好のために働く」夢を叶えている

 千年の風雪を勝ち越えた木と向き合う宮大工棟梁の西岡常一氏は語る。一概に言えないが、高さが50メートルなら、根も50メートル下まで入りこみ、枝が10メートル横に伸びたら、根も横に10メートル張っている(『木に学べ』)

 華やかな成功にも、根を張る下積みがある。あきらめず、労苦の先に実らせた喜びは大きいものだ。先の御文の前に、「火をきるに・やすみぬれば火をえず」とある。(陸)

2008年2月22日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

自分らしく、たえず「よりよくなっていく」自身の戦い・・・2008年2月21日 名字の言   

2008年 02月 21日

 「信心のおかげで、毎日が充実しています」。座談会の席上、先月、入会した青年の言葉に、盛んな拍手が送られた

 紹介者は女子地区リーダー。彼女は軽度の知的障害と闘っている。養護学校を卒業後、パン屋に就職。運転免許の取得では、教材に仮名を振り、懸命な祈りと猛勉強で苦手な学科試験に挑戦。なんと25回目で合格した

 現在、パンの移動販売を担当。職場になくてはならない人材だ。困難にひるまぬ強い心と朗らかな人柄。その人格に触れ、同僚の友は「私も変わりたい」と、入会を希望した

 秋田県の伝統工芸・樺細工の第一人者である小柳金太郎氏は、材料の樺の木を、こう語る。「厳しい気候の中で育ったものほどええのだスな。育った条件が悪いほど、樺の繊維が硬く、細かくてな、弾力もあるのだスね。表面の皮を削っていくとええ色つやが出てきまスわ」(野添憲治著『みちのく職人衆』)。困難な環境で育った木々ほど、極上の風合いを、かもし出すという

 人もまた厳しい境遇を嘆くだけでは、何も生まれない。自らの環境と、どう向き合い、それをバネとして飛躍していくか。自分らしく、たえず「よりよくなっていく」自身の戦いの中にこそ、極上の人生は紡ぎ出されていく。(開)

2008年2月21日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

3月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇   

2008年 02月 20日

d0001702_1451535.gif月刊「パンプキン」3月号【連載対談】明日をつくる“教育の聖業” デンマークと日本 友情の語らい 【巻頭特集】正しい治療をすれば アレルギーがあっても大丈夫*強いからだをつくるのは免疫力を高める生き方・・・【特集】大阪パワー なにわ女性が未来を創る 負けたらあかん!“笑い”で希望と励ましの風を・・・【温暖化を考える】台所から二酸化炭素を減らす・・・



d0001702_1453855.gif月刊「灯台」3月号【連載対談】教育と文化の王道 「教育の世紀」「環境の世紀」「生命の世紀」へ!第11回 世界市民と環境教育・・・【特集】 楽しくやろう!成績アップ フィンランドはなぜ学力世界一になったのか・・・<地域特集=埼玉県>子育て幾山河 親子で歩む「師弟の道」 ・・・口うるさく言わずのびのびと・・・名作アサドク読みどころ 第42回 二十四の瞳 壷井栄・・・


創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]