<   2008年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧   

心豊かな“励ましのネットワーク”人々の心を引きつけてやまない・・・2008年3月31日 名字の言   

2008年 03月 31日

 学会本部前の「青年桜」が満開となった。訪れる友も思わず足を止める。厳冬を越えて爛漫と咲き誇る桜は、いつの世も人々の心を引きつけてやまない

 まもなく見頃を迎える岐阜県本巣市の「淡墨桜」。樹齢1500年の名木だが、かつて枯死しかかったことがある。人々の惜しむ声は強く、さまざまな“治療法”が検討された結果、「若木の根接ぎ」という手法に決まった

 昭和24年、治療を開始。でき得る限り接がれた山桜の若根は、実に238本にのぼった。根の白蟻を駆除し、土壌を替え、肥料を施す。接いだ部分に雪が積もれば皆で払った。こうして、淡墨桜は往年の勢いを取り戻す

 人材の育成も、また然りであろう。成長を願う一人また一人が、友に真心の声をかけ、励ましを送る。その無数のかかわりを生命の滋養として、人は、成長の根を伸び伸びと広げ、勝利の花を咲かせる大樹となる。わが身を振り返っても、どれだけ多くの人に支えられ、勇気づけられてきたことか

 御書に「少し心強い人であったとしても、険しい道にさしかかった時、もし一人であれば倒れてしまうものだ」(1468ページ、趣意)と。心豊かな“励ましのネットワーク”を広げ、新しき人材の育成に全力を挙げたい。(己)

2008年3月31日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

文明の十字路「精神のシルクロード」人間と人間との心を結ぶ・・・2008年3月30日 名字の言   

2008年 03月 30日

 「胡麻」「胡椒」「胡瓜」。共通しているのは「胡」という文字だ。これらの植物は、中国から日本に伝えられ、中国には中央アジア方面から伝来してきたという。「胡」は、中央アジア方面の民族を示す

 仏教がインドから中国へ伝播した主なルートは、中央アジアを貫くシルクロードであった。「日本人の精神構造に大きな影響をあたえている仏教の東方伝来においても中央アジアが演じた役割をみのがすことは決してできない」と岩村忍氏は指摘している(『文明の十字路=中央アジアの歴史』)

 その中央アジアのキルギス共和国「キルギス国立大学」から21日、池田SGI会長に「名誉博士号」が贈られた。式典終了後、ベクボエフ総長は「わが大学にも池田先生を師とする多くの人がいる」と語った

 仏法を現代に実践する創価の思想は、「仏法東漸の道」であった中央アジアをも照らしている。SGI会長と対談集を編んだ同国の国民的作家・アイトマートフ氏は、「偉大な思想を広める偉大な人物」とSGI会長を称賛してやまない

 人間と人間との心を結ぶ「精神のシルクロード」は、今また、「仏法西還の道」をたどる。SGI会長の激闘とシルクロードを結ぶメンバーの歩みによって。(芯)

2008年3月30日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

誰が見ずとも「冥の照覧」公平に、誠実に、頑張った人に報いる・・・2008年3月29日 名字の言   

2008年 03月 29日

 陽気に誘われ、東京の桜も満開。群れ咲く桜並木もいいが、会合へ急ぐ道すがら、路傍に咲く小さな花に気づき、はっとする

 誰が見ずとも、我は我。春となれば凛と咲く潔さ。その孤高の姿に「冥の照覧」を思う。広布を支えてきたのも、喝采はなくとも、「いざ拡大!」となれば、師のため学会のため、一途に戦う無名の人々である

 ナポレオンの劇的な生涯の中でも、かつて名誉会長が紹介した、大好きな場面がある。1814年の閲兵での出来事。ナポレオンは、一人の老兵に目を留めた。「どこかで会った気がする。名前は何というのか」

 アルコレ橋、マレンゴ、アウステルリッツと、数々の激戦を、老兵は皇帝と共に勝ち越えてきた。位は伍長。功労に比べれば、あまりに低かった。皇帝と一緒であれば、それで満足だった。ナポレオンは、胸にあった勲章を自ら老兵につけてやった。太鼓、ラッパが響き、その場で老兵は大尉に昇進する。20年来泣いたことのない老兵の目に涙が光った

 公平に、誠実に、頑張った人に報いる。陰の人を、草の根を分けても探し出して讃える。この名誉会長の闘いあればこそ、学会もまた盤石な組織となったのである。この一点を深く銘記していきたい。(飛)

2008年3月29日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

先行き不透明な時代「人生の道」確信がある人は強い・・・2008年3月28日 名字の言   

2008年 03月 28日

 スキーのモーグル種目で、上村愛子選手がワールドカップ総合優勝の快挙を遂げた

 モーグルとは、ノルウェー語で「雪のコブ」。多くのコブがある急斜面を滑り降りながら、途中でジャンプによる演技を入れ、ターンの技術やスピードを競う

 上村選手の転機は、コーチのヤンネ・ラハテラ氏との出会いであった。ヤンネ氏は“モーグルの王者”と呼ばれた五輪金メダリスト。上村選手は、彼の指導で、それまでこだわっていたジャンプからターン技術の重視へ。昨季は負傷欠場が続いたが、その間に、着実に技術を磨いた。それが見事に開花した今季。終盤5連勝で、年間王者に輝いた

 方向転換に不安はなかったのか? との問いに彼女は答えた。「偉大なコーチの言っている通りにやれば勝てるという確信がありました」。精神面での成長も著しい

 各地で拡大に挑戦する青年の奮闘が光る。しかし、思うように結果が実らず、悩んでいるメンバーもいよう。どうすれば開けるか。答えは明確だ。師匠の指し示す道を実践することである

 先行き不透明な時代にあって、こうすれば間違いない、という確信がある人は強い。人生に偉大な師匠を持つこと。それは、人生の道を開く肝心要の一歩である。(扶)

2008年3月28日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

親子のような心の交流「真の教育家」我が子以上に大切に・・・2008年3月27日 名字の言   

2008年 03月 27日

 「池田先生は、日本一の子だくさんのお父さんですね!」。創立者・池田名誉会長と創価学園生の“親子のような心の交流”を見た、著名な児童作家は頬を紅潮させた

 16日の創価学園卒業式に出席した、国際児童基金協会のリハーノフ総裁。「今の学校には、お父さんのように温かく包んでくれる存在が少ない。それが本当に残念です」とも指摘する。教育の在り方が問われる今、「子どもたちを我が子以上に大切に」との創価教育の根本精神が輝く

 創価教育の父・牧口初代会長と親交があった新渡戸稲造博士は少年時代、慶応義塾で福沢諭吉の演説を聴いた。内容は忘れたが、両手に紙袋を提げてきた福沢が演説前、聴衆の少年に紙袋から煎餅を配ったことは鮮明に覚えていた

 新渡戸博士は後年、この思い出を述懐し、次のように語った。「今日教育家は多いが、大抵は教育屋であって、真の教育家ではない」「子供たち一人々々に煎餅を与へながら、自然に滲む愛情で周囲を潤ほしてゆくやうな血の通った教育をする人は少ない」(『慶応義塾学報』)。現代にも通じる指摘だろう

 創価教育に希望を見るリハーノフ総裁は力説した。「この素晴らしい『創価の世界』を、指導者たちが自分の目で見て学ぶべきです!」(川)

2008年3月27日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「次の偉大な指導者」熱き志が時代を変える。無限の力が未来を開く・・・2008年3月26日 名字の言   

2008年 03月 26日

 「万紫千紅/総て是れ春」(朱子)。百花が春爛漫の景観を織りなすように、桜梅桃李の多彩な青年群が、勢いよく開花してきた。春本番、創価の新時代だ

 「青年を師匠に直結させたい」――この強い思いで、男子部員を激励する支部長がいる。青年には師匠が絶対に必要だ、との信念は、未入会の青年に対しても変わらなかった

 職場の22歳の青年。仕事ぶりに誠意が感じられる。仏法セミナーに誘ってみた。約束した当日、彼は現れなかった。後日、申し訳なさそうな彼に、支部長は笑顔で、別の機会を提案した。青年は思った。“この人なら信頼できる”と。驕らず、押しつけのない壮年の誠実な姿が胸を突いた

 二人で本部幹部会の衛星中継会場へ。池田名誉会長のスピーチの随所で、若い瞳が輝く。最後の唱題も、一緒に声を合わせた。青年の成長を祈り続けた壮年は、師を求める瑞々しい生命に対し、あらためて驚嘆した。先日、彼は晴れて入会した

 名誉会長は、青年の本質を「次の偉大な指導者」と見る。そのために育成に全魂を込める。師を心に抱く師子たちの活躍の舞台を、わが支部、地区でも、さらに広げていきたい

 青年の熱き志が時代を変える。青年の無限の力が未来を開くのだ。(杏)

2008年3月26日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

心は、いくらでも広げていける。心は、どちらの方向にも行ける・・・2008年3月25日 名字の言   

2008年 03月 25日

 徳島の山あいの町が「葉っぱを売って2億円を稼ぐおばあちゃんたち」と脚光を浴びている。和食に添えられるナンテンやモミジの葉を農家が栽培し流通させる新市場を開拓したのだ

 今では町の人口より多くの視察者が訪れる。そこでは、ファクス、携帯電話、パソコンを駆使して注目の事業を営む年配者の姿を見ることができる

 ビジネスには企業秘密がつきもの。が、ここは完全公開。仕組みをまねされても、絶対に負けない自信がある。それは「人と人との強い絆があるから」だという(横石知二著『そうだ、葉っぱを売ろう!』)

 どこでも過疎の町は、仕事がない。経済基盤も弱い。事実、この町も寒波襲来で主力産品のミカンがだめになって生活が立ちゆかなくなった。その“どん底”で悩み抜いた一人が、すし店で見つけた新規事業。愚痴をこぼしあうだけの人間関係から、目標を掲げ、皆で幾度も共に困難を乗り越えて、共に生きる絆ができあがった

 「環境で、心の大きさは変わらない。心は、いくらでも広げていける。心は、どちらの方向にも行ける」と池田名誉会長。環境が悪いと嘆くのか、環境を変えようと動くのか。一人が立ち上がれば、必ず続く。我らは、その最初の一人でありたい。(糀)

2008年3月25日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「春が来た 桜が咲いた 君も立て」積極主義で成長し続ける・・・2008年3月24日 名字の言   

2008年 03月 24日

 池田名誉会長と親交の厚かった松下幸之助氏は、万物が芽吹き、草木が躍動する春の様子を「積極主義」と評した

 いかに厳しい冬であろうと、「積極主義」で自然は成長し続ける。そうした弛まぬ自然の姿に惹かれた。氏は、何事もこの精神で事業に向かった。常に「新しく開業する気持で経営に当たりたい」。積極主義こそ「わが社の伝統の精神」と

 こうも言っている。「つねにみずから新しいものをよびおこし、よびおこしして、そしてなすべきことをなしてゆくという態度を忘れてはならない」(『松下幸之助実語録』)

 今、広布の庭で青年が躍動している。第2総東京のある新任の男子部の部長。毎週、必ず「対話の現場」をつくることを自らに課した。「常に動き、新しく生み出す気概をもとう」と。結果、就任2カ月で7世帯の弘教・拡大

 “これぐらいでいいだろう”という姿勢は、自ら壁をつくってしまうことに。たえず、どうすれば打開できるか、どうすれば発展できるか。その挑戦の連続の先に、勝利は訪れる。信心とは立ち止まることのない前進だ

 かつて名誉会長は句を詠んだ。「春が来た/桜が咲いた/君も立て」。まもなく新年度。春の訪れとともに、勇躍の出発を誓い合いたい。(葉)

2008年3月24日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

物事には何ごとも“兆し”がある。どんな些細なことも見逃さない・・・2008年3月23日 名字の言   

2008年 03月 23日

 きょう3月23日は「世界気象デー」。世界気象機関は、1950年(昭和25年)のこの日に設立。日本が加盟してから今年で55年を迎える。気象観測のネットワークは、今や世界に広がる。気象現象は地球規模で起こり、より多くの地点で観測することが、正確な予測につながる

 自然災害による世界の経済的損失の63%が気象に関連している、との統計もある。各国が協力して、これらの被害を減らすことが求められている

 気象の変化をとらえる“目”は、地上や上空の観測から始まった。現在は、それらに加え、レーダー、気象衛星と多彩。情報の交換や技術の進歩によって予報の精度を増しているが、最終的な判断は人に委ねられる。人間の英知と不断の努力が不可欠なゆえんである

 国内で最も過酷な地点である富士山頂の冬季観測に活躍した気象学者、野中到・千代子夫妻の生命をかけての作業も、その使命感のなせるわざであった

 仏法は、物事には何ごとも“兆し”があると説く。大自然の兆しを見抜くにも、たゆまぬ努力の積み重ねがあって可能になる。多くの人々の安全のため、どんな些細なことも見逃さない――この責任感が欠かせないのは、社会のすべての活動についても同じことだ。(由)

2008年3月23日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

ありがとう「奇跡の言葉」口に出せば、元気が出る。耳に入れば、勇気がわく・・・2008年3月22日 名字の言   

2008年 03月 22日

 ある人の子育て体験。最近、言葉が増えてきた2歳の娘。靴下を履かせてあげたら「あいがと、パパ」と感謝された。親として当然のことをしただけなのにと驚き、温かな気持ちになった

 まだ幼いから、どこまで理解して話しているかはわからない。おそらく何かにつけて、子どもに「ありがとう」と言うようにしているので自然と覚えたのだろう

 池田名誉会長は「ありがとうは<奇跡の言葉>である。口に出せば、元気が出る。耳に入れば、勇気がわく」と綴った。感謝の心は自分自身を豊かにする。“幸せだから感謝する”以上に“感謝するから幸せになる”のだ、と

 身近な家族だからこそ、何かをしてもらって当たり前と思うのでなく感謝を声に出す。態度に表す。そうした積み重ねが、和楽の家庭を築く力となる

 ロシア・国際児童基金協会のリハーノフ総裁は、子どもの育成は「国家の課題というより、親の、また人間の課題である」と述べている。子どもの健やかな成長と幸せを実現する。そのために大切なのは、大人自身の生き方だ

 社会といっても、その縮図は家庭である。親子や夫婦など家族が傷つけ合う事件が多く伝えられる昨今。だからこそ「ありがとう」の宝の価値を心に刻みたい。(駿)

2008年3月22日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]