<   2008年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧   

2010年「国民読書年」いゝ本をよむ喜びは 生きるよろこび・・・2008年7月31日 名字の言   

2008年 07月 31日

 「いゝ本をよむ喜びは/生きるよろこび」と詩に綴ったのは、武者小路実篤氏(角川文庫)。「良書」との出会いは、人生の宝探しのようなもの

 その一方で、「自分で本を選べない若者が増えてきた。特に、ネット販売で“これを買った人は、こんな本も読んでいます”との言葉に弱い」と、ある作家が嘆いていた。実際に本を手にとって選ぶことは、人間形成に大きな影響があるという

 自分の世界に引きこもっていた少女が、書店で現物の本を手にしたことを機に、外出をしだしたという事例がある。ある大手の書店の店長も「母親に頼まれてお使いに行くのと違い、本屋は、子どもが自らの意思で買い物を始める場所。一冊の本をじっくり眺めて選ぶようになれば、必ず読書好きになる」と

 2010年を「国民読書年」とすることが決まり、全国で読書推進がスタートした。この夏、親子で書店や図書館に足を運び、読書に挑戦してはどうか。もっとも、世には「悪書」もある。人を陥れようとする低劣な書物は、人間性を破壊し、成長への道をふさぐ

 武者小路氏も、冒頭の言葉に続いて、「悪いものはよめないよ/頭がくさるから」と。良書に親しむ――それが人生を豊かにし、青少年を大きく育てる。(立)

2008年7月31日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「未来からの使者」子どもの心に寄り添う、思いやりの言葉を持ちたい・・・2008年7月30日 名字の言   

2008年 07月 30日

 担当者の青年が少年部員を訪ねて来た。走ってきたのだろう。玉のような汗をかき、顔は紅潮。一生懸命な気風が伝わってきた

 彼は語った――理由があって実家に戻ることになりました。担当者は変わるけど、これからも少年部で頑張ってほしい。手紙を書いてきたから後で読んでください――そう言い残すと、また走って行った

 手渡された紙片には、平仮名で丁寧に書かれた文字がびっしり。“池田先生の立派な弟子になってください”。子どもの成長を期待する信条が綴られていた

 「後輩を自分以上の人材に」と心を砕き、時間をやり繰りして部員を訪ねる。弟妹のように気遣い、励ましの風を送る。未来部員とかかわる21世紀使命会の皆様に、心から感謝を述べたい

 わが子が言うことを聞かなくて頭を抱えることがある。でも、自分が子どもと同じ年齢のころは……と自問すると、むしろ自分の方が、親の言うことを聞いていなかったことに気付かされる。未熟な親なりに、子どもの心に寄り添う、思いやりの言葉を持ちたい

 手紙をもらった日から3年――少年部員は小学6年生に。机には今も手紙がしまってあると教えてくれた。一回の出会いであっても、“未来からの使者”の心に深く刻まれていた。(濤)

2008年7月30日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「勝ちゆく鍵」チャレンジし、現状を変革していく可能性は必ずある・・・2008年7月29日 名字の言   

2008年 07月 29日

 “それは、まるで真っ暗な宇宙空間に放り出された感じ”。日本のヘレン・ケラーと呼ばれる福島智・東京大学准教授が全モウろうになった時のことをこう述懐している

 目が見えず耳も聞こえない氏が先月、博士号を取得。国内で初めて。困難に挑み、夢に向かって進む姿は多くの人の希望となった。氏は9歳で視力を、18歳で聴力を失った。だが、“全盲ろう者になり、二つのことを学んだ”と、昨春、東大の入学式の祝辞で述べている

 一つは「人間は一人ぼっちでは生きていけない」。光と音を失った氏にとって、多くの人に支えられての成功であった。支えは、感謝の心へと変わり、前進の力となったはず。もう一つは「どのような困難な状況にあっても、可能性がゼロになるということはない。チャレンジし、現状を変革していく可能性は必ずある」

 この二つは本紙の体験談にも共通している。障害をバネに、凱歌の人生を闊歩している人は大勢いる。加えて、「自分が励ます側」にいることが素晴らしい

 「幸、不幸を決めるのは、環境ではない。あくまでも自分自身である。自分自身の勇気である」。この池田名誉会長の言葉に、どれほど多くの友が奮い立ったことか。一切を勝ちゆく鍵がここにある。(奨)

2008年7月29日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

先駆者の心を“受け継ぐ”とは、まず自らが行動を起こすことから始まる・・・2008年7月28日 名字の言   

2008年 07月 28日

 日本最古の人類化石が、数多く発掘されている沖縄。なかでも、約1万8千年前の全身にわたる人骨が4体も見つかった「港川人」は有名だ

 発見者は、実業家の故・大山盛保氏。購入した粟石の中に動物化石を見つけた彼は、“必ず人類化石もあるに違いない”と、産地(八重瀬町港川)を突き止め、1970年、人類化石を執念で発見した

 化石は、その後、研究のため、長きにわたり、東京大学で保管されていた。その化石が再び沖縄に帰ることを夢見つつ、盛保氏は他界した。亡き父の思いは、子へと受け継がれた

 長男の盛弘氏は、遺志の実現を、粘り強く訴え続けた。発見から37年が過ぎた昨年11月、ついに港川人4体が故郷に帰り、県立博物館での展示が実現。このうち2体は、同博物館で保管されることになった。「父の願いを果たすことができ、感慨深かったです」

 先駆者の心を受け継ぐことは容易ではない。親から子へ、師から弟子へ――。「地域、社会への仏法の横の広がりと、この縦の流れがしっかりできてこそ、広宣流布は初めて可能になる」と池田名誉会長。“受け継ぐ”とは、まず自らが行動を起こすことから始まる。その積み重ねが、“広宣流布の大河”を確かなものにする。(碧)

2008年7月28日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

ひと言の思いやり「励まし」たった一言に、限りない希望、勇気、温かさ・・・2008年7月27日 名字の言   

2008年 07月 27日

 笑顔が魅力のプロ野球のリーダーといえば、千葉ロッテのボビー・バレンタイン監督。ある時、救援の投手が打たれ、逆転負けをしてしまった。その時の監督の一言が光る。「こんど同じ場面になったら、必ずキミを使う。そのときは二人で笑顔で握手しよう」

 違いはどこか。「『人間が好き』ということだろう。いつも監督のほうから選手に近づいている。話しかけ、肩に手をかけている」(金平敬之助著『ひと言の思いやり』PHP研究所)

 “一言”がいかに大切か。池田名誉会長は、父母を亡くした未来部の友に「お母さんがいない人は、『私がお母さんだ!』と思って生き抜きなさい。さびしがったり、悲観的になったり、悲しい顔をするのは不幸です。幸福になるのも、不幸になるのも、自分の一念です」と呼びかけた

 この言葉に触れた、ある未来部担当者は「たった一言に、限りない希望、勇気、温かさを感じた。自分も、こういう励ましができるように、と決意を新たにした」と

 友の幸福を心から祈り、発する一言は、自ずと相手に通ずる。その“たった一言”を大事に積み重ねてきたからこそ、学会は未曾有の発展を遂げた。きょうは相手を思う“一言”が掛けられたか――。自らに問う毎日としたい。(行)

2008年7月27日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

一喜一憂「夏休み」苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき・・・2008年7月26日 名字の言   

2008年 07月 26日

 子どもたちの笑顔が輝く夏だ。夏休みといえば、楽しい思い出とともに宿題に追われた記憶を蘇らせる大人もいる。切羽詰まって、何日分もの観察記録を書いたりと、つらい日々で休みを締めくくったことも

 楽しかったけど大変だった。こうした経験から、人は楽しいことと、相反する苦労があることを自然のうちに学ぶ。「楽」と「苦」。言葉を換えれば快と不快とも言える。この二つを、どう考えるか

 牢獄のソクラテスが面会にきた弟子たちと対話。足かせを外された足をさすりながら言った。「苦痛に対して、快は生来なんと不可思議な関係にあることだろう」「まるで、二つでありながら、一つの頭で結合されているみたいにね」(『パイドン』岩田靖夫訳)。足かせによる苦痛の後、外されて訪れた安楽。苦と快は常に一方が表れると他方も表れると

 毎日、凪だけの海がないように、楽しいだけの人生もない。同じように、苦しいだけの人生というのもありえない。楽と苦は常にコインの裏表だ

 「苦をば苦とさとり楽をば楽とひらき」(御書1143ページ)と御金言にある。苦も楽も人生の実相ととらえ、現実を果敢に戦う生き方を示されている。苦楽の局面に一喜一憂しない力強い人生を歩みたい。(弓)

2008年7月26日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「会釈を交わし合う街」鏡に向って礼拝を成す時浮べる影又我を礼拝するなり・・・2008年7月25日 名字の言   

2008年 07月 25日

 見知らぬ人がすれ違うとき、会釈を交わし合う街がある――それは東京。といっても江戸時代の話だ

 当時、江戸は人口100万人とも。他人と触れ合わずには過ごせない。「髪形や服装などから身分がひと目でわかる時代だったので、身分の差異を乗り越えて円滑なコミュニケーションを築くための知恵だったのかもしれない」(中江香著『お江戸のニコニコ人情暮らし』中経出版)。人は誰でも、あいさつされればうれしくなるし、喜ばれれば、こちらもうれしくなる

 良い人間関係を築く上でヒントになる「ミラー効果」仮説を中村克洋・広島経済大学教授が紹介していた(1日付「文化」欄)。「人と人とのコミュニケーションにおいて、人はあたかも鏡を見ているかのように『相手の顔の表情』に影響(共感)を受ける」。「相手と同じ表情をしてみる」ことで初めて「相手の表情の意味を理解する」と考えられるそうだ

 仏法では、不軽菩薩が人々を礼拝すれば、たとえ相手が望まなくても、その人の仏性が必ず礼拝し返すことを、「鏡に向って礼拝を成す時浮べる影又我を礼拝するなり」(御書769ページ)と

 地域社会の円滑な関係も、あいさつから。その第一歩を江戸の粋な庶民にならって、始めたい。(香)

2008年7月25日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「伝えたい」言と云うは心の思いを響かして声を顕すを云うなり・・・2008年7月24日 名字の言   

2008年 07月 24日

 「天気予報の時間は、だいたい2、3分。経験豊かな先輩キャスターが、伝えたいことを短い時間に凝縮させようと苦闘する姿を見た時、まさに“戦いなんだ”と実感しました」。本紙「トーク21」に登場したフリーアナウンサー・石井和子さんの言葉

 天気予報の気温や降水量、風力、波の高さなどは、いわば数値情報にすぎないともいえる。しかし、伝える側が伝えたい思いを込めることで、その情報は、よりよく生きてくる

 天気や災害の報道にとって、正確さ、分かりやすさが第一。そのうえで、言葉を発する側が、受け手の環境や生活に思いを馳せ、その与える影響性にまで想像をめぐらせることができるか。ここで、理解の度合いも大きく違ってくる。石井さんは“世界の一流の気象キャスターは、「伝えたい」というエネルギーが、画面から飛び出るようにあふれている”とも語る

 御書には「言と云うは心の思いを響かして声を顕すを云うなり」(563ページ)と。思いがこもった言葉を発していきたい。それが誠実であれば、聞いた人の信頼を生む

 夏季友好期間も間近。われわれは多くの人に、常に“伝えたい何か”を持っている。その心を声に託し、全国へ動いて、友との有意義な語らいを進めよう。(由)

2008年7月24日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「真心こもる振る舞い」目の前の“一人”に誠意を尽くす・・・2008年7月23日 名字の言   

2008年 07月 23日

 「池田先生にワープロでお手紙を打つことが、できるようにもなったんです」と語る一人の男性。出生時の病による麻痺で、手足が不自由になった彼は、約1時間、舌を使い、汗だくになって、一字一字、打ち込んだという

 名誉会長からの励ましの伝言は、電光石火で届いた。感激したのは母親。「世界を舞台に戦われる先生から、一人の障がい者にまで気を配っていただいて……」。それまでの筆舌に尽くせぬ苦労が吹き飛んだ

 世界の識者7000人と、平和と友情の絆を結んできた名誉会長の人間外交。その根幹を成す誠実の行動は、社会の一隅で格闘する“一人”に対しても、なんら変わらない。目の前の“一人”に誠意を尽くす。仏法の実践の要諦は、これをおいてない

 日蓮大聖人は「友達の一日に十度・二十度来れる人なりとも千里・二千里・来れる人の如く思ふて礼儀いささ(聊)か・をろ(疎)かに思うべからず」(御書1527ページ)と仰せ。どんな“出会い”であっても、真心こもる振る舞いが人間の豊かな絆をつくっていく

 誠実の励ましに、幾人の友が立ち上がったことだろう。人間関係の希薄化が叫ばれる殺伐とした社会で、奇跡の発展を続ける創価の連帯。その原動力こそ、誠実さだ。(馨)

2008年7月23日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「心配するな工夫せよ」幸不幸は、環境で決まるのではない・・・2008年7月22日 名字の言   

2008年 07月 22日

 “どげんかせんといかん”のフレーズでブームとなった宮崎県。先月、同県庁を訪れた観光客が、この1年余りで50万人を突破。新たな観光名所として注目を集めている

 77年前、県内に初めて定期遊覧バスを走らせたのは、“宮崎観光の父”と呼ばれる岩切章太郎氏。当時、隣県の大分・別府の温泉街は「旅の不夜城」と称されるほど、賑わっていた。一方、当時の宮崎には温泉がなかった。そこで氏は、アメリカからフェニックスの種子を輸入。日南海岸などに植樹し、現在の「南国・宮崎」の景観を作り上げた

 氏は、自身の行動力の源泉の一つに、恩師と仰ぐ人物の言葉を挙げている。それは「心配するな工夫せよ、という教訓」(『心配するな工夫せよ』鉱脈社)。心配する時間があるなら、何が自分にできるのかを考え挑戦せよ、というわけである

 失敗を恐れ、「無理だ」とあきらめるのか。「まだやれる!」と闘志を燃やすのか。本紙の「体験」のページには、真剣な祈りで苦難に挑み、人生を勝利した友の喜びがあふれている

 池田名誉会長は、「幸不幸は、環境で決まるのではない。自分で決まる」と。環境に負けるか、打ち勝つか。勝敗を決する鍵は自分の心にある。さあ、きょうも挑戦の一日を!(誼)

2008年7月22日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]