<   2010年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

大変な時こそ、自身が大きく変わるチャンスととらえ、勇んで前へ前へ!・・・2010年2月28日 名字の言   

2010年 02月 28日

 世界が注目した26日(日本時間)の五輪フィギュアスケート女王対決。韓国の金ヨ児選手は圧巻の世界最高得点。日本の浅田真央選手も、ベストの演技ではなかったものの自己最高得点。互いに競い合い、大舞台で未知数の力を発揮した

 スポーツにしろ、何にしろ、勝負においてライバルの存在は重要だ。ただし、あまりにその存在を意識しすぎると、「負けたらどうしよう」「失敗したらどうしよう」という逆の気持ちが強くなり、実力を発揮できなくなることがある

 こう指摘するのは、脳神経外科医の林成之氏。ゆえに大事なのは、強い相手の存在を“自分を高める手段”と考えていくことだという(「第三文明」2月号)

 良きライバルがいるから頑張れる。強い相手がいるから、自分も限界に挑むことができる。このように一切の環境を前向きにとらえていくことが、人間の「能力」を最大に発揮させるのだと

 仏法では、釈尊の命を狙った提婆達多でさえも、釈尊にとっては“仏道に導く友”であると説く。日蓮大聖人も自らを迫害した平左衛門尉のおかげで法華経の行者となったと喜んでおられる(御書917ページ)

 妙法は不屈の大法。大変な時こそ、自身が大きく変わるチャンスととらえ、勇んで前へ前へ!(進)

2010年2月28日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「教育」は「共育」自分が成長した分だけ、後継の人材も共に成長する・・・2010年2月27日 名字の言   

2010年 02月 27日

 近年、この時期に「立志式」を行う中学校、地域がある。多くは、数え年で15歳になる中学2年生が人生の目標を立てる。昔の元服や、『論語』の一節が由来とされている。幕末に活躍した橋本左内が、15歳で記した『啓発録』を式で使用する学校も多い

 左内は、次の5項目を誓った。(1)子どもじみた甘えを脱却する(2)負けじ魂で強く決意する(3)目標を揺るぎなく定め、精進する(4)優れた人物を見習い、実行する(5)自分の向上につながる友をえらぶ――彼は、この誓い通り、傑出した先覚者と育ち、藩政改革に手腕をふるった

 左内が藩校の責任者の時のこと。指導教官たちが志高く向上心を持ち続けて指導に当たるよう願った。自身が成長し続けた左内だからこそ、育成する側に対しては厳しい要求がなされたのであろう

 各地域には未来部長が誕生している。21世紀を担う未来っ子の育成に、だれもが真剣だ。池田名誉会長は、「『教育』は『共育(共に育つ)』である。自分が成長した分だけ、後継の人材も共に成長する」と述べている

 未来部を担当する育成部長や21世紀使命会の友は、自身が仕事、学会活動で勝利した姿でメンバーに接したい。師匠を求め、共に成長していく――人材が育つ要諦である。(喜)

2010年2月27日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

今の真剣な行動が、後世の教科書になっていく・・・2010年2月26日 名字の言   

2010年 02月 26日

 吉田松陰の手紙が新たに発見された。日付は1859年5月15日。江戸で処刑される5カ月前、同地へ移送される直前、弟子の一人に「当時の情勢を書き残そうと思いながら時間がなく、その実現を託そうとした」ものという(産経新聞)

 “私に代わって成し遂げよ”と綴る松陰の筆跡が150年の歳月を超えて、革命に生きた師弟の劇を物語る。どんな偉大な先覚者も、後継者がなければ一代きりの仕事で終わってしまう。だからこそ松陰は後進の育成に心血を注いだのだろう

 創価の前進も、初代・2代会長の後を継いだ池田名誉会長の激闘によって、全世界が讃嘆する平和の大潮流となった。その先端を今、幾百万の青年がさらに切り開く

 愛知・三河創価県の学生部は“師の正義を語り抜いた歴史を”と、対話を拡大。今月の青年部幹部会の衛星中継行事には、部で9人の友人が参加した。名誉会長の姿に感動し、「僕も成長したい」と入会を希望する友人も。歓喜の波動が広がっている

 名誉会長は「今の皆さん方の真剣な行動が、後世の教科書になっていく。創立80周年のこの時に、皆がどう戦ったのかを、50年後、100年後の同志が学ぶ」と。今日もまた師と共に! 未来に輝く勝利史を綴りたい。(潔)

2010年2月26日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

現場に足を運ぶ。一人一人の話に耳を傾け、励ましの風を送り続ける・・・2010年2月25日 名字の言   

2010年 02月 25日

 「経営と現場が遠かった」。何か問題や事件が起きるたびに「現場との距離」が話題になることが多い

 商圏人口が5万人ほどの地で、巨大スーパーを経営する牧尾英二氏。年中無休の24時間営業で生活必需品から車まである。商品が売れ筋かどうかに関係なく、客の要望があれば品物をそろえる。不便な地で生活する人のために役立ちたいという。客の来店頻度を上げ、買い上げ点数が伸びるように常に工夫している

 仕入れのすべては、売り場の責任者が負う。客のニーズを肌で感じ、その声を即座に反映できるからだ。「日々の仕事の中でお客様の動きをじっと見ていれば、時代の変化がよくわかるはず」と同氏(『利益第二主義』ダイヤモンド社)。現場にすべての答えがある

 先日、参加した支部の壮年活動者会には、壮年部員の約5割が喜々として出席していた。中には数十年ぶりの友もいた。幹部が実に丹念に訪問激励していた。だからこそ、最前線の“現場”に信心の喜び、新しい息吹があふれていた

 必要な会合もある。それ以上にリーダー自らが広布の現場に足を運ぶ。一人一人の話に耳を傾け、励ましの風を送り続けることが大事である。信心の歓喜にあふれる現場の力が、広宣流布を推し進める。(敬)

2010年2月25日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

励ましの言葉「ぶれ」がない。人の心を打つ・・・2010年2月24日 名字の言   

2010年 02月 24日

 『池田大作名言100選』が好評を博している。脳科学者の茂木健一郎氏は「自分を高めるきっかけを与えてくれる言葉が散りばめられている」(中国新聞)と書評を寄せている

 発刊した中央公論新社の首脳が先日、講演を行った。同書を出版するにあたって、編集者が約40年間にわたる名誉会長の数多くの著作を読んだ。そのなかで、強く印象を受けたこと。その一つが、名誉会長の言葉には「ぶれがない」ことだ

 過去と現在の間で、その人物の言葉の相互に矛盾があると、名言集など発刊できない。過去に発刊された書籍でも一人の言葉で編んだ名言集は、ほとんどないという

 作家・村上政彦氏は「名誉会長の言葉は、本質的に励ましの言葉」と指摘する。現実の中で、深刻な悩みを抱えている友の心を、いかに鼓舞するか。名誉会長の言葉は、観念の遊戯ではない。限られた時間の中で、紡ぎ出された精神の闘争の結晶である。だからこそ「ぶれ」がない。人の心を打つ

 講演で、首脳は語った。「現代の日本では、一人で名言集をつくれるほどの力のこもった、意味のある言葉をたくさん発せられる人は、なかなかいない」と。半世紀、一貫して変わらない師の闘争――報恩感謝を胸に、私たちも続きたい。(芯)

2010年2月24日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

“同苦する”という行為は、言葉で言うほど容易ではない・・・2010年2月23日 名字の言   

2010年 02月 23日

 「医は仁術なり」と、貝原益軒が『養生訓』に謳ったのは江戸時代。西洋近代医学が取り入れられた後も、この思想は、わが国の医療の基本姿勢として、誇り高く受け継がれてきた

 だが昨今、安心・安全が求められている医療の現場で、痛ましい事故が相次いでいる。本来、不安で押しつぶされそうな患者に励ましを送り、生きる力を与えていくことが医療の道だ。ことは医療関係者だけではない。「仁術」の語に込められた人間への温かい眼差しは今、社会全体が必要としているのではないか

 日々、訪問激励に徹する壮年部のリーダーが語っていた。「病気で悩む同志がいれば、まず足を運び話を聞きます。家に帰り、相手の身になって祈る時、初めて苦悩の一端がわかります」と。“同苦する”という行為は、言葉で言うほど容易ではない。繰り返し行動を続けて、やっと身につくものだ

 文豪・ゲーテも綴っている。「わが身のことばかり心にかけて、他人といっしょに苦しんだり楽しんだりするすべを知らず、また、しようという気をおこさないでは、立派な人といわれましょうか?」(佐藤通次訳『ヘルマンとドロテーア』岩波文庫)

 同苦と励ましに徹する創価の友の実践が、一段と光る時代である。(立)

2010年2月23日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

新たな挑戦の一歩を「同じまま」でいるからかもしれない・・・2010年2月22日 名字の言   

2010年 02月 22日

 「最近、歳のせいか記憶力がめっきり落ちてしまって……」。よく耳にする言葉だが、実は「年齢のせい」ばかりではないらしい

 脳科学者の池谷裕二氏によれば、好奇心や探求心がわいた時に発生する「シータ波」という脳波を増やせば、“若者と同じだけの記憶力を発揮できる”と

 シータ波を妨げるのは「『そんなこと、やらなくてもわかるよ』とか、『どうせ、この前と一緒でしょ、面倒だなあ』などという気持ち」だという(『脳はなにかと言い訳する』祥伝社)。脳にとって、「マンネリ化」こそが最大の敵なのだ

 仕事、生活、人間関係……ともすれば同じことの繰り返しに見える毎日。だが日蓮大聖人は、「餓鬼は恒河を火と見る・人は水と見・天人は甘露と見る」(御書1050ページ)と仰せだ。物の見方に、その人の境涯が表れる。毎日が「同じまま」に見える時、それは、自分の方が「同じまま」でいるからかもしれない

 スイスの哲学者ヒルティは、若さの秘訣を問われ、「つねに新しいことを学ぶこと」と答えた。どんな小さなことでもいい。「どうせ○○なのだから」「面倒くさい」といった言葉を捨て、新たな挑戦の一歩を踏み出そう。その積み重ねが「生涯青春」の人生を築いていく。(之)

2010年2月22日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

どんな道にも苦難はつきもの、この道こそ、僕が愛し、決めた道・・・2010年2月21日 名字の言   

2010年 02月 21日

 バンクーバー五輪のフィギュアスケート。高橋大輔選手が同種目で日本男子初のメダルを獲得した。かつては重圧に弱く、前回トリノ五輪はミスが重なり8位。雪辱を期して再出発し、2007年の世界選手権では銀メダルを獲得するなど、順風満帆かと思われた矢先、右膝靱帯を断裂。手術と過酷なリハビリを乗り越え、精神的にも強くなって帰ってきた

 復帰後、高橋選手は難度が高い4回転ジャンプに挑み続けた。着氷を支えるのは手術した右膝だ。試合のたびに失敗した。だが、五輪でも果敢に挑戦。転倒したものの起き上がり、生き生きと滑り切った23歳の青年の笑顔は、金メダルより輝いて見えた

 フリーのテーマは「道」。イタリア映画の巨匠フェリーニ監督の代表作だが、高橋選手の演技は、自身が歩んできた苦楽の「道」を重ね合わせているかのような熱演だった

 「一本の道がある/この道こそ/僕が愛し 決めた道だ/この道を歩くとき/僕の顔には/希望とほほえみが湧く/僕は この道から/絶対に逃げない」。池田名誉会長の詩が胸に迫る

 どんな道にも苦難はつきものだ。ならば、ひとたび選んだ信念の道から絶対に逃げない――そう決めて歩み続ける挑戦の人にこそ、人生勝利の栄冠は輝く。(孜)

2010年2月21日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

2010年3月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇   

2010年 02月 20日

2010年3月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 創価学会仏壇

d0001702_2331048.gif月刊「パンプキン」2010年3月号【連載対談】母への讃歌――詩心と女性の時代を語る 第5回 使命に生きる女性の輝き・・・【巻頭特集】かしこく楽しく! 時短生活 時間は、自分の使い方しだいで何倍もの価値に 書き出すことで頭が整理される・・・【リアルメッセージ】 やる気が周りに伝わることって大事・・・【教養】世界文学から再発見する、子どもたちの偉大なる力・・・【対談】人間っていいなぁ。いっぱい可能性をもっているもの・・・


d0001702_23313452.gif月刊「灯台」2010年3月号【連載てい談】人間教育への新しき潮流 ― デューイと創価教育 ― 第4回 よき師、よき友、よき人生 プラグマティズムの魅力・・・【特集】正しく知ろう 子どものアレルギー 食物アレルギー・・・小児ぜんそく・・・アトピー性皮膚炎・・・花粉症・・・【特別企画】 生活の基本を身につけよう “しつけ”にはコツがある・・・「自分にしかできないこと」を探して・・・世界の名著案内
第3回 オズの魔法使い・・・


創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「冬は必ず春となる」苦難と戦う心に希望が生まれる・・・2010年2月20日 名字の言   

2010年 02月 20日

 桜並木の川べりを親子が仲良く散歩している。「この木は死んじゃったの?」「そう見えるね。でも、ちゃんと生きているよ。もうすぐ春になると、きれいな花を、枝いっぱいに咲かせるんだよ」――会話を聞いて、こんな話を思い出した

 染織家の志村ふくみさんを訪れた、詩人の大岡信氏。美しい桜色に染まった糸で織った着物を見て、尋ねた。「『この色は何から取り出したんですか』。『桜からです』と志村さんは答えた。素人の気安さで、私はすぐに桜の花びらを煮詰めて色を取出したものだろうと思った。実際はこれは桜の皮から取出した色なのだった。あの黒っぽいゴツゴツした桜の皮からこの美しいピンクの色がとれるのだという」(『ことばの力』大岡信著)

 何という不思議だろう。しかも、花の咲く直前が良いのだという。厳しい寒さに耐え、枯れ果てたように見える木の中で、やがて咲き薫る花の準備が、全力でなされていたのだ

 御書に「冬は必ず春となる」(1253ページ)とある。冬の中にこそ、春を生み出す力があり、苦難と戦う心に希望が生まれる。「ながいながい冬があってこそ さくらの春がくるんだよ」(『少年とさくら』池田大作著)――人生を勝ち開く真髄がここにある。(和)

2010年2月20日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]