勝利と繁栄の「王道」若手が存分に力を発揮できるように!・・・2008年12月5日 名字の言   

2008年 12月 05日

 今年のプロ野球「日本一」、アジアシリーズも制覇した埼玉西武ライオンズ。就任1年目の監督を筆頭に、実績の乏しい、若いチームの快進撃だった

 特に、20代の選手が目覚ましく活躍。その背景を、渡辺久信監督が自著で述べている。「ミスには寛容に、のびのびとプレーさせれば選手は伸びる」(『寛容力』講談社)

 頭ごなしや押し付けの言葉は、若い世代には逆効果だと、コーチ陣に徹底し、丁寧に指導。どんどん若手を出場させ、たとえ敗因となるミスをしても責めず、萎縮させない。それが次の戦いで効果を発揮し、果敢なプレーにつながった

 若手が存分に力を発揮できるように!――優れたリーダーが等しく心を砕く急所だ。が、言うは易く行うは難しい。時に身を削る忍耐が伴う。その労苦をいとわぬ、心の定まった先輩が多くいれば、組織は発展する

 池田名誉会長は「広宣流布の永遠の未来を考える時、何より大事なことは、若い世代の人たちを『真の後継者』へと育て上げること」だと語る。学会の大興隆の原動力は、多くの青年を手塩にかけて育ててきた、三代会長の奮闘にある。私たちも、徹して「新しい人材」を大切にし、「若い力」を伸ばしゆく、勝利と繁栄の「王道」を歩もう。(修)

2008年12月5日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2008 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]