母の祈りに 勝る力はない。 祈り戦う 母の行動を しのぐものはない・・・2009年2月24日 名字の言   

2009年 02月 24日

 今から50年前。一人のアフリカ人留学生がケニアから米国へ。彼は留学先のハワイ大学で米国人女性と知り合い結婚。やがて男の子が誕生。その子こそ、黒人として初の米大統領となったバラク・オバマ氏である

 父はケニアに戻り、母国の発展に尽力。母とオバマ少年はアメリカに残った。少年は母に育てられた。母は白人だったが、オバマ少年に公民権運動の指導者キング博士の夢を語り、黒人の優秀な法律家や音楽家の活躍を教えた

 現実は差別が溢れていた。しかし、「我々は堂々と美しく、その逆境を生きるのだ」と母は子を励ました(白倉三紀子・木内裕也訳『マイ・ドリーム バラク・オバマ自伝』)

 キング博士の盟友ローザ・パークスさんも池田名誉会長との対談で、最も尊敬する人は「母」と。「自尊心を持ちなさい。人から尊敬される人になり、人を尊敬していきなさい」が母の教えだった。歴史的な黒人大統領誕生の背後には、差別と戦い続けた、無数の母の愛と信念と祈りの連鎖があった

 名誉会長は詠んだ。「母の祈りに/勝る力はない。/祈り戦う/母の行動を/しのぐものはない」(「偉大なる尊き母の交響楽」)。学会の大発展を支えた誉れ高き「創価の母」に心から感謝を捧げたい。(進)

2009年2月24日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]