「行き詰まったら原点に戻れ!」人材あるところは繁栄していく・・・2009年7月27日 名字の言   

2009年 07月 27日

 鍛えの夏、挑戦の夏!――未来部の「躍進月間」が始まった(8月31日まで)。テーマは「親孝行・健康・成長の夏!」。真っ黒に日焼けしてスポーツの練習に打ち込む子や、進学、受験を控え、勉学に励む子も多い。日ごろ、未来っ子のいる家庭を訪れた際には、必ず励ましの声をかけたい

 トヨタ自動車会長の張富士夫氏が「人材育成」について語った話が印象的だった。「企業にとって人材育成は絶対に必要」「きちんと教えなかったら、企業は崩壊する」(日本経済新聞)

 企業だけではない。いかなる国も団体も人材育成は根幹の課題。人材あるところは繁栄していく。反対に人材なきところは、一時は栄えているように見えても、最後は必ず滅びる。歴史が伝える真実でもある

 では未来を託す人たちに、何を伝えるべきか。氏は続けた。「(人のため、国のためにという)創業の精神を次の世代に、しっかり教え込むことが大事だ」と

 「創立の志を忘れるな!」「行き詰まったら原点に戻れ!」――学会が「師弟」と「御書」を根本にする理由が、ここにある。池田名誉会長が不惜身命で示した「弟子の道」。自らが、この道を歩むことはもとより、未来の宝にも、こうした精神を伝えていきたい。(奨)

2009年7月27日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]