「断じて勝つ!」との炎を「今の心」に燃やし前へ進む・・・2009年8月18日 名字の言   

2009年 08月 18日

 ナポレオンが幽閉先のエルバ島からフランスに上陸したのは、1815年のこと。当時、彼がパリに近づくにつれて、新聞の態度はコロコロと変わった

 西洋文化史に詳しい学者・中野京子氏が紹介している。(1)コルシカの怪物、カンヌに上陸↓(2)王位簒奪者、グルノーブルに入る↓(3)ボナパルト、リヨンを占拠↓(4)ナポレオン、フォンテーヌブローへ接近↓(5)皇帝陛下、明日パリへご帰還(『危険な世界史』角川書店)

 初めは否定的だった新聞が中立的になり、最後は賛嘆するに至る様が表れている。ナポレオンの行動は迅速だった。通常なら40日以上かかる道のりを、20日間で駆け、皇帝に返り咲いた。一度、決断したら断じてやり遂げる。絶対に先延ばししない。この電光石火の行動力を前に、新聞も肯定的な反応を示すほかなかったのである

 「われわれはそんなもの(批評)は頓着せず、行動することが必要だ。そうすれば批評はしだいにこちらに頭をさげてくる」(ゲーテ)。世間の毀誉褒貶に左右されない不屈の魂。強い一念で前へ進むことが肝要だ

 一念の「念」という字は「今」の「心」と書く。「断じて勝つ!」との炎を「今の心」に燃やし、広宣流布の英雄としてダイナミックに前進していきたい。(川)

2009年8月18日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2009 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]