最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか・・・ 2006年12月7日 名字の言   

2006年 12月 07日

師走のあわただしい時期。北から雪の便りも届き、列島は冬の寒気に包まれる。「ふゆ(冬)はせうまう(焼亡)しげし」(御書1101ページ)と御聖訓にあるように、この時期、最も警戒すべきものの一つが「火災」である▼出火の“三大原因”は放火、こんろ、たばこ。9分に1回の出火。12月の出火件数は、4月に次ぐ多さ(2005年、消防庁)であり、注意が必要。火災は取り返しがつかない。それだけに過去の失火の原因を究明することが大切になる▼近年は、とりわけ事故の「失敗」に学び、改善しようとする動きがある。その中で見えてきたのは、“意思の疎通の悪さ、手抜きなどが、他の欠点につながる連鎖反応が、事故を発生させること”だった(J・R・チャイルズ著『最悪の事故が起こるまで人は何をしていたのか』)。この連鎖を断ち切るのが、事故を防ぐ強い一念だ▼池田名誉会長はかつて南米チリの教会で起きた火災事故に言及。広布のリーダーは「仏法の実践者として、現実の、こまかな点に深く留意していかねばならない」と語った▼「前進・勝利の年」へ早くもスタート。リーダーは、小事を大事に、足元を固めるためにも、火災への注意を喚起し、防災の強き祈りに徹したい。(佳)

2006年12月7日 名字の言

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2006 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]