悩み多い年頃・・・ 2006年12月20日 名字の言   

2006年 12月 20日

2006年は女子部が大躍進した年だった。全国各地で未曾有の部員増加。学会全体が、一回りも二回りも、ぱっと明るくなったよう▼職場でも、学校でも、女子部は「花」。先日も「弘教ができました!」と女子部の友。京都のある名門私立大学の教授は女子学生部の友に「確かな信念をもっていることは大変なことだ。君たちには、池田名誉会長の哲学を世界に伝える責任があるね」▼自分のことを後回しにしても、人のために祈り、語り、行動する――そんな若い女性がいること自体、今の時代、どんなに貴重なことか▼少女文学の傑作『若草物語』は、英語の題名が『Little Women(小婦人たち)』。著者オルコットの父が、幼い娘たちに呼びかけていた愛称だ。年は若くとも、女性としての立派な心構えをもってほしい――些細だが、深い願いが込められた父の言葉が、彼女は忘れられなかった▼「女子部こそ、学会の一番の希望」――こうした期待を、名誉会長は本年、どれほど強調してきただろうか。その期待に、悩み多い年頃の女子部が、どれほど立ち上がっただろうか▼結成55周年を勝ち飾った「創価の若き貴婦人」の皆さんに最敬礼したい。めぐりくる年の、一層の前進・勝利を祈りつつ。(鉄)

2006年12月20日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2006 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]