「自他ともに喜ぶ」文化・社会の鼓動・・・ 2006年12月23日 名字の言   

2006年 12月 23日

2004年の春。メキシコ、カンクンでの国際感染症会議で驚くべき報告がなされた。この25年で開発された新薬の数1393。そのほとんどが、先進国で問題となる生活習慣病などのもので、発展途上国で問題となっている病気に関するものは、10余りしかない▼「放置された病」という言葉がある。例えば、リーシュマニアという病気。発展途上国を中心に千万人以上も罹患し、毎年膨大な死者を出す病気だ。何故その重大な疾病が「放置され」ているのか▼特効薬はすでに、1960年代に出来ている。しかし、先進国向けの薬のように、あまり利潤を生まないせいか、ずっと生産されず放置されていた。リーシュマニアには、別の薬が使われているが、1回2万円近くかかる高価なもので、すでに病原菌には耐性ができ、効かなくなりつつある。同様の「放置された病」が数多ある▼希望もある。現状をなんとかしなければとの人々の志が結晶し、世界初の非営利の製薬会社が、このほど誕生し、第1号として、40年以上放置されていた薬を、今年の9月から安価で製造しはじめたのだ▼「蔵の財」より「心の財」。欲望の追求より志の達成。「自他ともに喜ぶ」文化・社会の鼓動は、確実に始まっている。(哉)

2006年12月23日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2006 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]