仰ぎ見る人に勇気と希望を与える“一人立つ雄姿”・・・ 2007年1月30日 名字の言   

2007年 01月 30日

秀麗な富士の麓で正義のペンを振るう静岡の本紙通信員の集いが、先日開かれた。1954年1月、戸田第2代会長の手で通信員制度が発足してから53年。この27日は記念日だった▼子育てに奮闘しながら、また仕事・学会活動の合間を縫って、取材に奔走してくださる方々。配達員と並んで「(聖教)新聞を支えてくださっている大きな力」と、池田名誉会長の期待も大きい▼皆で「富士の如く堂々と、正義を叫び切っていこう」と新たな出発を誓った。富士の素晴らしさは、仰ぎ見る人に勇気と希望を与える“一人立つ雄姿”と言われる。だが実は、その下には、先小御岳、小御岳などといった古い火山が、厳と存在している。代々の火山の基盤の上に築かれた「新富士火山」が現在の山容である▼通信員には、35年以上のベテランも、1年目の新人もいる。先の通信員会では、経験のあるメンバーが、いかに新しい力を引き出し、育てていくかが話題になった。どの分野でも「老・壮・青」の総合力の発揮が、勝利のカギを握る時代である▼創価万代の発展へ、最も重要な、今この時。わが地区、支部でも、「不二」とも記される大山の英姿を胸に、異体同心の団結で、師弟不二の大勝利の峰を登りゆこう。(杏)

2007年1月30日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]