道を開くのは、現場の生きた知恵であり、庶民の力・・・2007年4月29日 名字の言   

2007年 04月 29日

 警察庁がまとめたゴールデンウイークの主要行楽地の人出予想によると、第1位は「博多どんたく港まつり」と並び、「弘前さくらまつり」。210万人の来訪が見込まれる▼日本一の「さくらまつり」を支えるのは、樹齢120年余、日本最古のソメイヨシノである。一般にその寿命は60~80年とされるから驚異的な生命力だ。この木も一時は絶滅しそうになったことがある▼植えられたのは明治15年。昭和20年代に入ると、さすがに樹勢は衰えた。公園の管理事務所所長が手を尽くしたが、改善できない。見かねた所員が枯れ枝などを切り落とした。所長は、それを見て「“桜切るバカ、梅切らぬバカ”という諺を知らないのか!」と声を荒げた▼その後、桜は年々息を吹き返し、見事に樹勢を回復、所長も感服した。実は手入れをした所員たちは、家に帰ればリンゴ農家。彼らはリンゴで学んだ剪定の経験を応用したのだ(「弘前公園 愛されて100年」)▼既成の観念を超えて道を開くのは、現場の生きた知恵であり、庶民の力である。現場の知恵を生かし、庶民の力をどこまで伸ばせるか――ここにすべての組織の発展の要因はある。日本再生のカギも案外こんなところにあるのではないだろうか。(時)

2007年4月29日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]