人間のあらゆる技術の進歩が大切な生命を守る・・・2007年5月31日 名字の言   

2007年 05月 31日

 本年は、ヘリコプターの初飛行から100周年。今、「空飛ぶ救命室」といわれるドクターヘリが注目されている

 救急専用の医療機器を装備し、医師、看護師も同乗するため、搬送中の機内でも医療行為が可能だ。辺地や離島だけでなく、交通渋滞の激しい都市部でも活躍が期待される。出動件数は年々、増加の一途だが、現在、1道9県の11カ所にしか配備されていない

 唯一、県内で2カ所に配備されている静岡県。伊東市で1月、67歳の婦人が、くも膜下出血で倒れた。一旦は救急車で近くの市民病院に。診断の結果、ドクターヘリの出動が要請され、救命救急センターのある病院へ飛んだ。一山越えての移動時間は、たったの8分だった

 手術は無事、成功。予後が心配されたが、神奈川・横浜の支部婦人部長である娘も真剣に唱題。見事に回復し、言葉のリハビリを続けながら、5月の連休には親子で友好活動に励むことができた

 御書には「命と申す物は一身第一の珍宝なり一日なりとも・これを延るならば千万両の金にもすぎたり」(986ページ)と仰せ。何よりも大切な、大切な生命を守る!――人間のあらゆる技術の進歩が、この一点を志向する時代の建設こそ、私たち仏法者の対話の眼目である。(杏)

2007年5月31日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2007 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]