大切なのは、市民生活の“現場”に、誠実に尽くしていく・・・2010年1月22日 名字の言   

2010年 01月 22日

 世界最高のチェロ奏者と呼ばれたロストロポーヴィチ。指揮者、教育者、さらに人権の闘士としても活躍した。東西冷戦の象徴であった「ベルリンの壁」が崩壊した時、壁の前でチェロを独奏する姿を記憶している人も多いだろう

 この巨匠が、「音楽家が音楽家であることの喜び」を感じたのが「キャラバン」。これは、音楽にふれる機会の少ない場所に駆けつけ、無料のコンサートを行うこと。彼の祖国ロシアをはじめ、各国で開催した。日本でも、指揮者の小澤征爾氏を誘って実施している

 小澤氏も、音楽家が市民の中へ飛び込むキャラバンには「音楽をする歓び」と「聴いてもらう歓び」があり、「音楽の本来あるべき姿」がある、と語る(エリザベス・ウィルソン著『ロストロポーヴィチ伝』)。大切なのは、市民生活の“現場”に自ら足を運ぶことだ

 広布の世界も同じ。リーダーが現場に勇んで入り、動きに動き、第一線の同志を励まし抜いてこそ、勝利の波動は起きる。そこに「広布推進の本来あるべき姿」がある

 広宣流布の行動者を「仏を敬うが如く」、誠実に尽くしていく。日蓮大聖人が「最上第一の相伝」(御書781ページ)と定めたこの精神を、だれよりも真剣に実践してこそ、真のリーダーである。(川)

2010年1月22日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

真剣な行動に、新たな「金字塔」“主体者”としての喜び・・・2010年1月21日 名字の言   

2010年 01月 21日

 エジプト・ギザにあるクフ王のピラミッド近くで、建設に従事した労働者の複数の墓が、また新たに見つかった。歴史家ヘロドトスが記して以来、ピラミッドは「奴隷建造説」が通説だった。が、近年、その説を覆す発見が相次いでいる

 エジプト学の権威であるジャン・ルクラン博士は、池田名誉会長と対談した際、王の栄光を永遠ならしめるとの使命感、信仰と正直さをもった心によって、ピラミッド建設は成し遂げられたと語っている

 ピラミッドの異称は、“不滅の業績”を意味する「金字塔」。民衆である労働者が建設の“主体者”だったからこそ、後世に残る「金字塔」が築けたのではないか

 昭和31年、わずか1カ月で「1万1111世帯の折伏」という不滅の「金字塔」を打ち立てた「大阪の戦い」。当時、戦った先輩が異口同音に語るのは、「戦うこと自体が、とにかく楽しかった」。その歓喜の原動力は、“師に応えん”との若き名誉会長の一念と、共戦を誓う友の“主体者”としての喜びにほかならない

 「大阪の戦い」について、「『戸田先生のために断じて勝たせてください』と、私は祈って祈って祈り抜きました」と名誉会長。“師のために勝つ”との真剣な行動に、新たな「金字塔」はそびえ立つ。(芯)

2010年1月21日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

2010年2月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 (大唱堂)創価学会仏壇   

2010年 01月 20日

2010年2月号リンク【パンプキン】【灯台】の画像 創価学会仏壇

d0001702_23421182.gif月刊「パンプキン」2010年2月号【連載対談】母への讃歌――詩心と女性の時代を語る 第4回「一瞬一瞬が発見、子育ての喜び」・・・【巻頭特集】不景気だからこそ生まれてくる 節約・倹約のワザ やりくり上手は家計簿をつけている・・・【平和】市民がつくる平和のまち 「対話」そのもののなかに平和の構築がある・・・【チャイルド・ファースト】平和の歌をみんなで大合唱したい!・・・【暮らし】年を重ねて、体が動きにくくなっても楽しく活動的に暮らしたい・・・



d0001702_23423820.gif月刊「灯台」2010年2月号【連載てい談】人間教育への新しき潮流 ― デューイと創価教育 ― 第3回 「師弟の精神の継承」が人間教育の真髄・・・【特集】「友だち力」アップ!友だちづくりの上手な子に育てるために お母さん自身が「友だち上手」になりましょう・・・「子どものため」か「親のエゴ」か・・・自然界から学ぶ生命の強さと尊さ・・・マイナスのことも見方を変えればプラスになる・・・世界の名著案内 第2回 クリスマス・キャロル・・・『笑顔の挑戦』第2話「絶望の淵で」・・・


創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

絶体絶命の苦境、解決の糸口の見えない苦悩が“原動力”・・・2010年1月20日 名字の言   

2010年 01月 20日

 19世紀を代表する天才作曲家・ショパンの誕生から今年で200年。祖国のポーランドでは、その佳節を記念し、コンサートはじめ1000以上の行事を予定している

 列強に分割され、圧政に苦しんでいた19世紀のポーランド。1831年には、独立を目指す民衆革命の動きがあったが、反革命の銃火によって鎮圧されてしまう。異郷の地でワルシャワ陥落の報を聞いたショパンが、万感の思いをつづった名曲が、練習曲「革命」である

 古今東西の歴史をひもとくと、絶体絶命の苦境、解決の糸口の見えない苦悩が“原動力”となって、偉大な芸術や文学を生み出した例は数知れない。順風満帆な日々を重ねているだけでは、何も変わらないと言える

 牧口常三郎初代会長は、日蓮大聖人の「今の世間を見るに人をよくなすものはかたうど(=味方)よりも強敵が人をば・よくなしけるなり」(御書917ページ)との一節に傍線を引かれ、深く心に刻んでおられた

 私たちの人生にも、さまざまな苦難の壁が立ちはだかる。その時、苦難を悠然と受けとめ、賢者として喜ぶのか。それとも、愚者として退いてしまうのか。賢者の生き方こそ、私たち信仰人としての真骨頂である。今日より明日へ成長の日々を歩みたい。(明)

2010年1月20日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

他の人とのかかわりによって日々姿を変えていく・・・2010年1月19日 名字の言   

2010年 01月 19日

 第142回直木賞を受賞した白石一文氏が、初の父子受賞として話題だ。氏は以前、本紙の「サンデーインタビュー」で、父親の故・一郎氏との思い出を述懐している

 大学生の時、父の原稿をのぞき込み、安易な批評をして一喝された。「お前が書いてみろ!」。反省した氏は3日間の徹夜で、200枚以上の原稿用紙を真っ黒に。福岡で執筆活動を続ける作家は、この“父の一喝”から誕生したといえよう。氏は「人間は自分単独では無に等しく、他の人とのかかわりによって日々姿を変えていくもの」と語る

 宮崎のある婦人は5年前、脳梗塞で半身がまひし、言語障害に。「負けないで!」――同志の温かい励ましが、彼女の支えとなった。地道なリハビリを開始し、学会活動でも対話に率先。友人への弘教も実った。現在は後遺症を乗り越え、婦人部グループ長として、さっそうと広布に駆ける日々だ

 御書に「人のために灯をともしてあげれば、自分の前も明るくなる」(1598ページ、趣意)と。“あの友のもとへ!”との献身の行動が、悩める友の心に決意を生み、悩みを勇気に変えていく。積極的な「他者へのかかわり」によって、悩める自身の境涯も開かれていく。自他共の勝利劇を、勇んで綴りゆこう。(誼)

2010年1月19日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

一人から一人への“平和の灯”は、必ず人類の“真の勝利”と輝く・・・2010年1月18日 名字の言   

2010年 01月 18日

 核兵器のない世界を!――いま全国各地で、青年部が三代会長の理念を受け継ぎ、平和の対話を力強く展開している

 名古屋市内の大学に学ぶ学生部員の有志は昨秋、大学祭で展示を企画した。世界にある核兵器の数、その威力など“核の脅威と現状”を分かりやすく解説。会場の真ん中には、手作りの「原爆ドーム」の模型を設置した

 終戦から65年。戦争を体験していない世代が75%に。「『戦争』と聞いても、実感がわかない人が増えている。怒りや恐怖を感じない若者が少なくない。少しでも、その恐ろしさが分かるように知恵を出し合い、語り合いました」と企画した学生たち。熱心に観賞し“考えが百八十度、変わった”と語る青年も。真摯で地道な対話こそ、平和構築への最大の武器だ

 小説『永遠の都』で、主人公ロッシィは「人間の武器は知力であって爪や牙ではない」「知力と精神力の勝利をのぞくいかなる勝利も、野蛮で下劣なもの」と喝破した

 年頭から青年部は、リーフレット「『核兵器のない世界』をめざして」を活用し、核廃絶の世論を一段と高めている。知力、精神力をみなぎらせ、善の連帯を広げゆく青年の奮闘――一人から一人への“平和の灯”は、必ず人類の“真の勝利”と輝く。(開)

2010年1月18日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

大河の流れのように、悠久たる人類の流れ・・・2010年1月17日 名字の言   

2010年 01月 17日

 昨年11月にテレビ放送が始まった司馬遼太郎原作のドラマ「坂の上の雲」。明治時代、近代国家の建設へ青雲の志を胸に駆けた青年たちの姿が描かれている

 明治38年、日本は日露戦争に辛勝。だが昭和に至り、無謀な侵略戦争へと進んで破滅した。その要因として指導者の傲慢、組織の硬直化等の問題が指摘されている。時代を開いた建国の父たちが国の行く末を見つめ、全力を挙げていた時代はよかった。しかしそれがなくなると亡国への坂を落ちてしまった

 建設は死闘、破壊は一瞬。この歴史は建設と共に「継承・発展」の難しさを教えている。草創のエネルギーを持ち続ける組織は、永遠に発展する。だが世代交代と共に、そうした力は失われがちだ。だからこそ原点を忘れず、精神性を継承する努力が重要となる

 池田名誉会長は「師弟なくして、自分の時代だけで終わってしまえば、これは『小さな劇』のようなもの」と述べ、「大河の流れのように、悠久たる人類の流れ」をつくることの大切さを語る

 時代や状況が変化しても、確固たる師弟の流れがあれば強い。豊かな精神が脈動していれば、永遠に青年の気概で前進できる。本年、学会は創立80年。師弟を根幹に渓流のごとき瑞々しさで成長を続けたい。(駿)

2010年1月17日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

君に幸あれ わが友よ つぎに会う日は いつの日か・・・2010年1月16日 名字の言   

2010年 01月 16日

 ヴェルコール作『海の沈黙』は、フランス・レジスタンス(抵抗)文学の白眉である。映画化作品が近く日本でも公開される

 ナチス占領下のフランス――。ドイツ人の将校が、ある一家を訪れる。礼儀正しく教養豊か。フランス文化に魅せられてきたという。が、侵略者に、どうして心を開くことなどできるだろう。一家は、深い沈黙をもって応じる

 やがて将校は、激戦の東部戦線へ転任に。別れの日、娘がはじめて口を開く。「アデュー(さようなら)」と。限りなく「ボンジュール(こんにちは)」に近い、ひと言ではないだろうか。別れというより、「人間」同士としての新しい出会いへのあいさつであったにちがいない

 若き日の池田名誉会長が作詩した「森ケ崎海岸」は、キリスト教の信仰へと向かう親友への、変わらない友情の思いをうたったものである。「君に幸あれ わが友よ/つぎに会う日は いつの日か」――立場や信条など一切の違いを超えて、相手の幸せを祈る。そこから新しい前進と勝利のドラマも始まろう

 地球を舞台に、人間としての絆を結ぶ。思い出の絆を、未来へと広げていく。それが、私たちの友情拡大運動の“魂”である。「人間」である限り――敵ではない。友である。(克)

2010年1月16日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「人間革命」変化に対応できるものが生き残れる・・・2010年1月15日 名字の言   

2010年 01月 15日

 中国の昨年の新車販売は1364万台。アメリカを抜き、世界一を記録した。生産台数でも1位が確実視されている

 頂点の座にあった、アメリカの大手ゼネラル・モーターズの破綻は、覇者の交代を象徴している。ガソリン高騰や金融危機といった時代の変化に、大きくなりすぎた米業界は対応できなかった。日本は、生産台数で中国に首位を譲ると予想されるものの、省エネブームを追い風に、エコカーが世界をけん引する

 進化論を唱えたダーウィンの考えから、“強いもの、賢いものが生き残れるのではない。変化に対応できるものが生き残れる”と言われる。めまぐるしく変わる環境に対応できなければ、勢力を保つのは難しい。それだけでなく、変化が加速するにつれ、ただ対応するだけでは済まなくなる

 横河電機の内田勲会長は、経営者に「変化が起きてから対応するのは難しい。自ら変化を起こすことが一番大切だ」(北國新聞)と語る。個人にあっても、時代を生き抜く果敢な行動が求められている

 私たち一人一人の活動は、幸福の万波を起こす一波である。そこには、自ら変わることで、一家を、近隣を、そして世界を変えてきた無数のドラマがある。さあ、きょうも「人間革命の劇」を綴りゆこう。(陸)

2010年1月15日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

誰もが、その人でなければならない使命をもっている・・・2010年1月14日 名字の言   

2010年 01月 14日

 有力新興国として、世界から注目が集まるブラジル。池田名誉会長と親交のあるルラ大統領は、“飢餓ゼロ”を重要政策に掲げている

 20年ほど前、3200万人もの人々が年収120ドル以下で暮らし、市民運動が繰り広げられたことがある。この運動は、近所の貧困地域に自ら足を運んで人間関係を築き、苦しみを分かち合うことが柱。多くの人の問題に対して、個人では限界にさいなまれ、無力感を抱きかねない。が、目の前の「一人」を支えることならできる。その連帯が全国的な規模に広がり、飢餓対策を促す力の一つに(『グローバル経済という怪物』)

 御書に「世間のことわざにも一は万が母といへり」(498ページ)と。新たな歴史を開く潮流は、社会的使命に目覚めた「一人」から始まる。いかに小さいように見えても、「一人」の行動に、一切が含まれている

 広宣流布という大理想も、「一人」の勇気ある実践から、うねりが巻き起こる。主役は“私”である。一人一人の力の「総和」と、団結の「相乗効果」。ここに広布推進の力がある

 「使命のない人はいない。誰もが、その人でなければならない使命をもっている」と名誉会長。“私”は学会の全権大使!――誇らしく前進する日々でありたい。(芯)

2010年1月14日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

わずかの差で、人生も社会も大きく変わる・・・2010年1月13日 名字の言   

2010年 01月 13日

 4千年の歴史を持つ囲碁。黒白の石で攻防が繰り広げられ、最後に、自陣の多い方が勝つ。碁盤の目を「一目」と数え、引き分けをなくすため、最小差は「半目」と決まっている。棋士の世界では、この半目をめぐり、数多くのドラマがあった

 1978年の「棋聖戦」。52歳の王者に対し、挑戦者は30歳の加藤正夫氏。若さと勢いにまさる加藤氏が、7番勝負で、先に3勝。“あと1勝”という時、王者は、驚異的な粘りを見せた。連勝で挽回し、最終の第7局。何と、「半目」の差で逆転勝利。加藤氏はタイトルを逃した

 200手以上の打ち合いの末、勝負は、わずか半目差で決まった。加藤氏は帰路の途中、終盤の局面を思い起こしながら、はっと叫んだ。「気合いと執念の差だった」

 のちに加藤氏は「十段戦」に臨んだ際、すべての勝利を半目差で制してタイトルを取り、“奇跡的な勝利”と絶賛された。「半目」の厳しさを知り抜いたからこそ、栄光をつかみ取ることができたに違いない

 御聖訓に「仏法と申すは勝負をさきとし」(御書1165ページ)と。戦いを起こしたならば、断じて勝つ! この強き一念を定め、行動するところに道は開ける。わずかの差で、人生も社会も大きく変わるのだ。(立)

2010年1月13日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

真心の祈りと励ましに支えられた“つながり”・・・2010年1月12日 名字の言   

2010年 01月 12日

 「入会したのはいつですか?」「池田先生にお会いしたことはありますか?」。“豆記者”が投げかける質問に、丁寧に答える錦宝会(多宝会)の友。滋賀総県では、冬休みを利用して、未来部員たちが草創の先輩方を“取材”した

 「健康の秘けつは?」「なぜ題目を唱えるのですか?」など、率直な質問が続く。なかでも子どもたちの心に深く残ったのは、病苦や経済苦を克服した「信仰体験」だった

 家庭、地域、学校での人間関係の緊密さが、子どもの成長に大きな影響を及ぼしている――昨年、こんな調査結果が公表された。全国学力テストを分析した大阪大学などの研究グループによると、親や祖父母、近所との接触機会が少ない社会環境は、子どもの生活や意識を不安定にさせているという

 担当した教授(教育学)は「つながりの回復が打開策になる」と語る(毎日新聞)。少子化といっても、その分、“子どもへの大人のかかわり”が増えたわけではないようだ

 家庭で、地域で、さまざまな年代の人が一体となって未来部員を育成する学会の運動が、どれほど子どもたちの健全な成長に寄与していることか。真心の祈りと励ましに支えられた“つながり”こそ、勝利と幸福の確かな人生を歩む道標である。(糀)

2010年1月12日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

「成人の日」希望があれば、前進できる。何があっても戦える・・・2010年1月11日 名字の言   

2010年 01月 11日

 イラク戦争のさなかの市民の実話を描いた絵本『バスラの図書館員』(ジャネット・ウィンター作・長田弘訳、晶文社刊)。主人公は、女性図書館員のアリア・ムハンマド・バクルさん

 アリアさんは戦争が始まると、図書館の本を安全な場所に移してほしいと当局に求めるが、拒否される。そこで毎晩、自分の家や車に、持てるだけの本を運び入れた。やがて町に戦火が。陣取っていた兵士も逃げ出し、本を守るために残ったのは彼女たった一人だった

 だが、彼女はあきらめない。自分たちの歴史と文化を守るために、近所の人たちの協力も得て、徹夜で本を運び出す。その数、蔵書の7割にあたる3万冊にも。“アリアさんはのぞみをすてません”――物語の終盤には、このような言葉が、何度も繰り返される

 使命を感じた人は強い。揺るがない。その生き方の土台となるのは、やはり“のぞみ”――希望だ。「希望があれば、前進できる。何があっても戦える」。池田名誉会長は、恩師・戸田会長のこの言葉を紹介し、人生の勝利を呼びかける

 きょうは「成人の日」。全国で127万人の新成人が大人の仲間入りをする。現実社会での格闘に、苦労や悩みはつきもの。未来の大成へ、常に希望を持って進みたい。(行)

2010年1月11日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

目標に挑み、自分が成長した分だけ、広布は広がる・・・2010年1月10日 名字の言   

2010年 01月 10日

 新春2日、宮城県の創価教育同窓の集いが行われ、代表が体験を紹介した。寝る間を惜しんで勉学と唱題に励み、創価大学法科大学院から司法試験を突破したメンバー。他大学の大学院に合格したメンバーも、目標を達成した喜びにあふれていた

 関西創価学園、創価大学出身の女性は、ボランティアで中国・四川省へ。小学校で日本語を教えつつ、標高3000メートルにある村に通った。高山病に悩まされながらも、子どもたちと触れ合ってきた教育交流の模様を報告。現地での活動が日本のテレビ局に取材され、年末には全国で放送された

 いずれも、創価の学舎で薫陶を受けた友が自身の可能性に挑戦し、実証を示した勝利劇。何より創立者・池田名誉会長への感謝、師への誓いに生きる精神が光っていた

 試練と向き合い、人一倍、挑戦心を燃やした歴史家トインビー博士は、「精神的な目標の追求こそ、人間の活動のうちで無限に拡大する可能性を持つ唯一の領域なのです」(『日本の活路』国際PHP研究所)と

 目標なくして価値ある人生の展開はない。年頭に立てた目標に向かって進むことが、いかに大事なことか。目標に挑み、自分が成長した分だけ、広布は広がる。毎日を新しい挑戦の息吹で着実に進もう。(濤)


2010年1月10日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]

きょうの一歩、今いる場所からの一歩を力強く踏み出して・・・2010年1月9日 名字の言   

2010年 01月 09日

 トルコ建国の父、ケマル・アタチュルク初代大統領の銅像が、同国から和歌山県・串本町へ贈られる。同町は両国友好の地。1890年、トルコの軍艦が同町沖で沈没した際、地元の漁師が乗員を救出した(エルトゥールル号の遭難事故)。銅像は、沈没から120年の本年、除幕される

 トルコは、歴史学者トインビー博士が誠実にかかわった国である。ギリシャ・トルコ戦争のさなかに両国を自ら視察した博士は、それまで西洋が抱いていた“トルコは野蛮国”との偏見を非難した。イスラム蔑視の当時の世論は、これに猛反発。博士は大学を追われたが、最後まで信念を貫いた

 悪に対しては怒りを燃やす。間違いは間違いと断ずる。当然のことだ。そこに国籍や人種などの差異を持ち込むと、物事をとらえる眼が曇り、歪んでしまう

 牧口初代会長は「遠大な理想をいだき、目的観を明確にしながら、身近な足もとから実践するのが正視眼的生活」と。大いなる理想を抱き、目下の課題に果敢に挑戦してこそ、本質を見抜く眼は磨かれる

 壮大な創価の民衆運動を、世界の良識は正視眼で見ている。ならば、私たちは創価完勝の峰を仰ぎ見ながら、きょうの一歩、今いる場所からの一歩を力強く踏み出していこう。(弘)

2010年1月9日 名字の言 聖教新聞

創価学会専門仏壇仏具 SOKA 大唱堂 SGI
Copyright (C) 2010 Taisyodo All Rights Reserved
[PR]